千葉県船橋市「ららぽーと船橋」に隣接する特設会場でシルバーウィーク中に、ガリバーインターナショナルが開いたハイブリッド車展示即売会の様子。納車待ちが当たり前の新型プリウスが50台も展示され、来場者の注目を集めた。

 2009年9月21日、敬老の日。千葉県船橋市「ららぽーと船橋」に隣接する特設会場。背後には、船橋オートレース場と北欧の大手家具販売チェーンのIKEAが見える。

 思えば、ここには1960年代、伝説のカーレーサー・浮谷東次郎と生沢徹の名勝負の舞台となった船橋サーキットがあった。その地で今、筆者の目の前に信じがたい光景が広がっていた。

 2009年5月に発売されて以来、月間国内乗用車販売台数第一位の人気を誇り、新車納車が2010年春以降と言われている、あのトヨタ新型プリウスが大量に並べられているのだ。しかもこれらは全車、中古車だ。

 車買取り事業で、日本国内シェア40%強を誇る、ガリバーインターナショナル(以下、ガリバー)。筆者が訪れたのは、ガリバーがシルバーウィーク(9月19日~23日)に開催した、ハイブリッドカー展示即売会である。

 展示総数は216台(内訳は新型プリウス50台、初代・二代目プリウス123台、トヨタ・アルファードハイブリッド4台、同ハリヤーハイブリッド5台、同エスティマハイブリッド15台、ホンダ新型インサイト13台、同シビックハイブリッド6台)。開催5日間で、入場者総数は2000人、成約台数は170台に達したという。 

 それにしても、どうやってこれほど多くの新型プリウスを集めることが出来たのか?

 ガリバー広報部の三井紀子さんは「一部オークションで仕入れたが、個人からの買取も多い。他の新車でも同様ですが、購入直後に手放す方は結構いるものです。今回の買取りは、全国各地で行いました。ただ新型プリウスは関東圏での販売が多いので、当然買取りも関東圏が主体です」と説明した。

 筆者が取材したのは、開催3日目の正午前後。この時点ですでに、約50台が成約していた。売れ筋は当然、新型プリウスだが、各車がまんべんなく売れている。