ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

車買取り最大手ガリバーが掘る
“中古エコカー”という金脈

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第10回】 2009年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
千葉県船橋市「ららぽーと船橋」に隣接する特設会場でシルバーウィーク中に、ガリバーインターナショナルが開いたハイブリッド車展示即売会の様子。納車待ちが当たり前の新型プリウスが50台も展示され、来場者の注目を集めた。

 2009年9月21日、敬老の日。千葉県船橋市「ららぽーと船橋」に隣接する特設会場。背後には、船橋オートレース場と北欧の大手家具販売チェーンのIKEAが見える。

 思えば、ここには1960年代、伝説のカーレーサー・浮谷東次郎と生沢徹の名勝負の舞台となった船橋サーキットがあった。その地で今、筆者の目の前に信じがたい光景が広がっていた。

 2009年5月に発売されて以来、月間国内乗用車販売台数第一位の人気を誇り、新車納車が2010年春以降と言われている、あのトヨタ新型プリウスが大量に並べられているのだ。しかもこれらは全車、中古車だ。

 車買取り事業で、日本国内シェア40%強を誇る、ガリバーインターナショナル(以下、ガリバー)。筆者が訪れたのは、ガリバーがシルバーウィーク(9月19日~23日)に開催した、ハイブリッドカー展示即売会である。

 展示総数は216台(内訳は新型プリウス50台、初代・二代目プリウス123台、トヨタ・アルファードハイブリッド4台、同ハリヤーハイブリッド5台、同エスティマハイブリッド15台、ホンダ新型インサイト13台、同シビックハイブリッド6台)。開催5日間で、入場者総数は2000人、成約台数は170台に達したという。 

 それにしても、どうやってこれほど多くの新型プリウスを集めることが出来たのか?

 ガリバー広報部の三井紀子さんは「一部オークションで仕入れたが、個人からの買取も多い。他の新車でも同様ですが、購入直後に手放す方は結構いるものです。今回の買取りは、全国各地で行いました。ただ新型プリウスは関東圏での販売が多いので、当然買取りも関東圏が主体です」と説明した。

 筆者が取材したのは、開催3日目の正午前後。この時点ですでに、約50台が成約していた。売れ筋は当然、新型プリウスだが、各車がまんべんなく売れている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧