ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

転職しても情報をアップデートできる
USBチップ付き名刺「swivelCard」が米国で登場

岡 真由美
2014年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 洋の東西を問わず、ビジネスの場面では、初対面のときに名刺を交換するのが常識だ。しかし転職する場合はもちろん、社内でも異動などがあると、名刺の情報があっという間に古くなってしまい、コンタクト情報が役に立たなくなってしまう。

デザインも豊富な「swivelCard」

名刺を渡したあとでも情報更新が可能

 「swivelCard」は、こうした問題を解決する新たな方法を提案している。名刺にUSBドライブを内蔵することで、名刺情報をデジタルの形で提供するのである。最大の特徴は、名刺の所有者が、相手に名刺を渡したあとでも、情報をアップデートできるという点だ。

 こう書くと、なにやらたくさんの情報がUSBドライブに入れられるように聞こえるかもしれない。しかし実際は、名刺に含まれる情報はURLのみである。

 名刺所有者は、swivelCardを登録する際に、自分のメールアドレス、Pack IDと呼ばれるカードのID番号(swivelCardは200枚セットなので、200枚に同じIDが振られている)、カードを渡した相手に教えたいウェブサイトアドレスを登録する。

 名刺を受け取った相手がswivelCardを自分のパソコンなどのUSBポートに差し込むと、登録したURLに案内されるという仕組みだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧