ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ソニーの復活はいつになるのか?
スマホの大手術が黒字転換のカギ

ダイヤモンド・オンライン編集部
2014年11月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

直近5期合計で
最終赤字1兆円超

 10月末に発表されたソニーの2015年3月期中間決算は、ソニー、パナソニック、シャープという家電3社のなかで、またもや“独り負け”となった。

 上半期連結売上高は6.5%増の3兆7114億円となったものの、営業損益は156億円の赤字、最終損益は1092億円の赤字となった。主な要因は9月17日にすでに発表していたスマートフォン事業の減損。中国市場で小米(シャオミ)などの格安メーカーの躍進によって販売台数が急ブレーキ。1760億円の減損処理を行った。

 一方、パナソニックはすべてのセグメントで増益を達成。シャープはデジタル情報家電や液晶パネル事業の収益が改善。期初の予想を下回ったものの、前上期43億円の最終赤字から47億円の黒字を確保した。両社は取り組んできた構造改革の成果が確実に見えてきている。

 中間決算と同日に発表されたソニーの今期業績予想は売上高7兆8000億円、営業損益は400億円の赤字、最終損益は2300億円の赤字となっている。この通りに着地すれば、同社は直近5期で1兆円超もの最終赤字を計上することになる。

次のページ>> 株価は11%も伸長
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ニュース3面鏡

インターネットの登場以来、以前にもまして巷にはニュースがあふれ返っています。そうしたニュースや出来事の中から、DOL編集部が気になる出来事を厳選し、正面のみならず右から左から、価値あるニュース、楽しいニュースをお届けします。

「ニュース3面鏡」

⇒バックナンバー一覧