ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

デジカメを抜いたチェキ
富士フイルムの“残存者利得”

週刊ダイヤモンド編集部
2014年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 先が見えないデジタルカメラの不振を尻目に、今上期前年同期比80%プラスという驚異的な販売増を示しているカメラがある。富士フイルムのインスタントカメラ「チェキ」だ。

若年層向けに自撮り機能や、キャラクターデザインの商品なども取りそろえた。デジカメ出荷台数を抜き、今後は大人市場も視野に
Photo by Yoko Suzuki

 同社は今年度のチェキの見込み販売台数300万台を350万台に上方修正。需要増に応えるため工場で約30%の増産を行うという。

 とはいえ予想外の復活劇だった。チェキはデジカメの普及に伴い市場が縮小。2002年にそれまでの出荷台数ピーク100万台を記録した後、販売が毎年激減し、一時は撤退寸前だったという。

 潮目が変わったのは07年だった。韓国のドラマ中で使われたことがきっかけで、韓国、中国などアジアの若年層を中心にヒットしたのだ。これを受けて、それまで国内中心だった営業体制を海外メインに切り替え、12年には海外市場狙いの新商品も発売。それ以降、販売は伸び続けた。

 現在、主力市場であるアジアに加え、米ウォルマートの全米3800店舗で販売するほか、欧州の高級デパートやセレクトショップなどにも販路を拡大する。すでに販売台数の9割が海外市場向けで、今後進出していないインドや東南アジアなどの開拓を行い、「16年までには500万台の大台に乗せる」(山元正人・富士フイルムイメージング事業部長)計画だという。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧