ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
旅ノート・散歩ノートのつくりかた
【第3回】 2013年3月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
奥野宣之

見返して楽しい「旅・散歩ノート」は、
道中、何を記録すべきか?

1
nextpage

下町散歩や歴史散策がブームとなり、日々を記録するライフログも話題を集めるなか、旅や散歩を記録しておきたいというニーズが増えている。シリーズ累計50万部超『情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』を刊行したばかりの日本一の「ノート作家」奥野宣之氏が、歩くのがもっと楽しくなる旅ノート・散歩ノートのつくりかたを伝授する。第3回は、第2段階である「旅の途中」のノートづくり。何をどう記録すれば、あとで楽しく見返せるのか?

 

この記事は著者の新刊書籍の出版を記念して再掲載しています。
『情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』奥野宣之・著
本体1400円+税/ダイヤモンド社

 

日本を外国人観光客のように歩こう

第2回で紹介したように、行きたいところや、自分のあこがれ、熱意をノートに蓄積していったら、次は実際に旅や散歩に出かけましょう。連載第3回では、「歩き出してから」「旅や散歩の途中」のノートづくりについて説明していきます。

 歩く上でぜひ意識しておいてほしいのが、まず「いつもと違う目」で物事を眺めるということです。視点を変えるだけで、見えてくる世界が大きく変わるのです。実は、僕がそんなことを考えるようになったのは、海外旅行がきっかけです。

 新婚旅行で、はじめてあこがれのスペインに行き、ミハスやトレドといった情緒ある街を歩いたとき、こう思いました。「こんなすてきな街で暮らせる人はいいな、寝ても覚めてもこの雰囲気を味わえるなんて、天国じゃないか」

 しかし、逆の立場で考えてみれば、スペイン人の中にも日本を観光して、「大阪や奈良で暮らしたい」「一時間で京都に行けるなんて羨ましい!」と思う人がいてもおかしくないはずです。そう考えれば、日本に暮らしている自分は、実はすごく恵まれた、すばらしい体験をしているのではないか。いや、すぐにでも外国人のような目で、街や景色を見るようにしないと、もったいない!

 いつも見ている地元だって、はじめて日本にやってきた外国人になりきって散歩してみれば、建物を見ても、ベランダの洗濯物を見ても、おもしろくてたまらないでしょう。東京だって、僕のような田舎育ちから見れば、「驚愕すべき人類史上最大の都市!」だし、地方の若者から見れば、「夢にまで見たあこがれの街」なわけです。

 このように、外国人になりきって歩いたり、なりきって観察すれば、スーパーに行って帰ってくるだけでも、刺激的な体験になるでしょう。だから、もしあなたが、なかなか旅行をする時間がないとしても心配ありません。近所の散歩であろうと、何度も行った公園だろうと、どんな「旅」でも考え方次第でおもしろくなるからです。

 「部屋の中でも世界は撮れる」という写真家の名言があります。同じように「観光地でなくても特別な体験はできる」わけです。何がおもしろいか、どこが見どころか、すべて自分で決めて、主観的に楽しめばいいのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


奥野宣之

1981年大阪府生まれ。同志社大学文学部でジャーナリズムを学んだあと、出版社、新聞社の記者を経て『情報は1冊のノートにまとめなさい』で著作デビュー。独自の情報整理術や知的生産術がビジネスパーソンを中心に支持を集め、第2弾『読書は1冊のノートにまとめなさい』、第3弾『人生は1冊のノートにまとめなさい』と合わせたシリーズは累計50万部を超えるベストセラーとなった。ジャーナリストの経験を活かし、ウェブや雑誌のライターとして活動するかたわら“ノート本作家”として、メディア出演・講演などでも活躍中。仕事に活かせるノートや文具の活用法、本とより深く付き合うための読書法、人生を充実させるライフログの技術、旅行や行楽を楽しむための旅ノート・散歩ノートの技術など、活動の幅は広い。趣味は古墳めぐりと自然観察。ついでに写真撮影。仕事だけでなく家庭や趣味でもノートを使いこなすライフスタイルは、NHKやTBSでも放送され反響を集めた。その他著書は『旅ノート・散歩ノートのつくりかた』『知的生産ワークアウト』『「処方せん」的読書術』『新書3冊でできる「自分の考え」のつくり方』など多数。

 


旅ノート・散歩ノートのつくりかた

切って、貼って、書いて、宝ものとなる思い出を残そう。累計50万部超の人気"ノート作家"が教える、「旅ノート」「散歩ノート」作りの41のコツ。

「旅ノート・散歩ノートのつくりかた」

⇒バックナンバー一覧