ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

クラウドファンディングで日本新記録を樹立した
「森の図書室」が次に仕掛けるプロジェクトとは?

加藤 力
2014年11月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 東京・渋谷にお酒が飲めて深夜まで開いている図書室があるのをご存知だろうか。ネット上で資金を募るクラウドファンディングで支援者数日本一を達成し、今年7月のオープン時に大きな話題を呼んだ「森の図書室」である。

 渋谷駅から徒歩7分、道玄坂を登ったところに立地する雑居ビルの一室。115m2の広々としたスペースに約1万冊の蔵書が壁一面を飾る。間接照明が生む陰影の中、静かに流れる音楽。お酒と料理を楽しみながら、ゆったりと好きな本を堪能できる読書空間だ。室内のしつらえだけでなく、コースターに書評が記されるなど、細かなこだわりも感じさせる。

お酒と料理を楽しみながら本を読める「森の図書室」は、シックな雰囲気だ

 「本と人がつながる場所をつくろうと思った」と語るオーナーの森俊介さん。検索によって、いとも簡単に欲しい本まで辿り着ける時代だからこそ、本との偶然の出会いを演出したのだそうだ。

 「書店もジャンルごとにレイアウトされるなど、目的の本を見つけやすいように工夫されています。そうではなく、普段本を読まない人が偶然好きな本と出会う。そんなきっかけづくりの場です」と森さん。

 だからこそ、マニアックな本を揃えた敷居の高いスペースにはしたくなかったそうだ。書架に並んだ本をみても、小説、ビジネス書、写真集、絵本、ノンフィクションなど実に多彩で特定のジャンルに偏っているところがない。一部の書架を除き、読んだ本をどの書架に戻してもOK。その日によって、並ぶ本が変わり書架の表情が変わっていく。まさに、偶然に本と出会う仕組みである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


消費インサイド

今の世の中、いったいどんな商品やサービスが流行っているのか? それを日々ウォッチすることは、ビジネスでヒントを得るためにも重要なこと。世間でにわかに盛り上がっているトレンド、これから盛り上がりそうなトレンドを、様々な分野から選りすぐってご紹介します。

「消費インサイド」

⇒バックナンバー一覧