ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

アップル・グーグル「クルマ支配」へ本格始動
自動車産業は敗北の道を歩むのか!?

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第193回】 2014年12月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Connected Car Expoでプレゼンする、マイクロソフト関係者。発表は抽象的な内容で、来場者にとって期待はずれだった Photo by Kenji Momota

IT企業サイドからの発表は極少
期待はずれに終わった「コネクテッド・カー・エキスポ」

 「なんだか内容が薄くて、面白くない」

 この2日間のために、世界各地からわざわざ足を運んだ自動車業界関係者の多くが、不満の声を上げた。

 ロサンゼルスオートショー(一般公開:2014年11月21~30日、以下LAショー)が鳴り物入りで併催した「コネクテッド・カー・エキスポ(以下CCC)」は事実上、失敗に終わった。

 LAショーの報道陣向け発表日は2014年11月19、20日。それをさらに1日繰り上げて、18日にCCCは開催された。

 18日の午前8時過ぎ、CCCが開幕。ロサンゼルスコンベンションセンターの収容人数300人規模の部屋に専用ステージを設け、その両サイドに大型モニターを配置した。司会を務める経済分野のテレビキャスターが「時代の大きな変わり目が到来した。来年からアップルのCarPlay、グーグルのAndroid Autoが本格的に市場導入される。自動車はIoT(インターネット・オブ・シングス)の一部となる」と、まくし立てた。

 だが、会場内は6割の入りで空席が目立つ。その後、著名なフューチャリスト(未来予測者)に続き、世界に名高い自動車デザイン教育機関、自動車メーカー、そしてマイクロソフト等の関係者の講演が続くなか、来場者は徐々に増え、会場は8~9割がた埋まった。だが、各講演でモニターに映し出されるパワーポイントの内容は、大きな写真を1枚使うような抽象的な表現が多く、会場内にはシラけたムードが漂い始めた。

 唯一の救いになるはずの、南ホール玄関スペースで行われたエキジビジョンへの出展も30社程度で、これまた展示の内容が薄かった。エキジビジョン内では、アウディ・nVIDIA、ボルボ、ジャガー・ランドローバー、KPMGが記者会見を行なったが、メディアが高い関心を示したのはアウディ・nVIDIAの共同記者会見のみ。両社はMMX2(第二世代マルチメディアエクステンション)と呼ぶ、インフォテイメントの制御基盤の共同開発に対する進捗を報告した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧