ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
双子の遺伝子――「エピジェネティクス」が2人の運命を分ける
【【第6回】】 2014年12月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
ティム・スペクター

「遺伝子スイッチ」があなたの運命を変える。
ティム・スペクター氏特別インタビュー【前編】

1
nextpage

「果たして双子は、『クローン』と呼べるほど『同じ』なんだろうか?」
体重差が27キロある双子、一方だけが乳癌になった双子、ゲイとストレートの双子……。自然界のクローンとも言われるほど「同じ遺伝子」を持ちながら、「まったく違う」双子の存在は、遺伝子だけでは説明できない何かの存在を教えてくれる。
双子と遺伝子の関係に注目し、新しい遺伝学「エピジェネティクス」をリードするのが、遺伝疫学の権威ティム・スペクター氏だ。『双子の遺伝子』を刊行し、「遺伝子は生まれた後も変えられる」と主張するスペクター氏に、その真意と根拠を聞く特別インタビュー。(全2回/聞き手・写真:大野和基)

たった5年で人間観を変えた
「遺伝子スイッチ」エピジェネティクスとは?

――まず「エピジェネティクス」とは何について研究する分野か、教えてください。

ティム・スペクター(Tim Spector)
ロンドン大学キングス・カレッジの遺伝疫学教授で、ガイズ・アンド・セントトーマス病院の名誉顧問医を務める。同病院の双子児研究所の所長も務めており、1992年に英国で世界最大規模の双子研究(UK・ツイン・レジストリ)を立ち上げ、現在にいたるまで指揮している。この研究の対象となった双子は、11,000人を超える。これまでに500本以上の論文を発表し、数々の賞を受賞。また、英国並びに日本も含む世界各国のメディアが著者らの研究を取り上げており、著者自身も出演、及び監修を務めている。 著書に『双子の遺伝子』(ダイヤモンド社)、『99%は遺伝子でわかる!』(大和書房)がある。

 遺伝子学(genetics)と疫学(epidemiology)を合わせた分野です。簡単に言うと、遺伝子にはスイッチがあり、それをいろいろな方法でそのスイッチをオンにしたり、オフにしたりすることができます。そうした働きが、エピジェネティクスです。ディマー・スイッチ(減光スイッチ)のようなものですね。このことはつまり、一卵性双生児のように100%同じ遺伝子をもっていても、時にまったく異なる人間になるのは、特定の遺伝子スイッチがオンになっているかオフになっているかで発現が異なるためと言えます。

 今、このスイッチをオン・オフする方法がたくさんあることがわかっています。今までそんなことが可能だとは思わなかった方法があるのです。それがまさにエピジェネティクスです。そうしてオン・オフされた状態の持続期間が、短い場合もあれば、何ヵ月、何年も続くものもあります。何世代にもわたって続く可能性があるものもあります。

――この分野はいつごろからあるのでしょう?

 1940年代からありますが、初期のころは「細胞がどのように成長するか」という学問でした。1つの細胞から始まり、それが成長するにつれ、大人になり200種類の異なる組織に変わります。それらの組織は、すべて同じDNAを持っているのに、機能は異なります。

 ですから発生生物学者は、化学信号が影響を与えていることはわかっていました。実際にその影響をみることができたのは、テクノロジーのおかげで、つい最近のことです。現代のエピジェネティクスは、5年くらいの歴史しかないと考えていいでしょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


ティム・スペクター(Tim Spector) 

ロンドン大学キングス・カレッジの遺伝疫学教授で、ガイズ・アンド・セントトーマス病院の名誉顧問医を務める。同病院の双子児研究所の所長も務めており、1992年に英国で世界最大規模の双子研究(UK・ツイン・レジストリ)を立ち上げ、現在にいたるまで指揮している。この研究の対象となった双子は、11,000人を超える。これまでに500本以上の論文を発表し、数々の賞を受賞。また、英国並びに日本も含む世界各国のメディアが著者らの研究を取り上げており、著者自身も出演、及び監修を務めている。 著書に“Your Genes Unzipped: A Guide to How Your Genetic Inheritance Can Shape Your Life”(邦題:『99%は遺伝子でわかる!』(大和書房))がある。

 

 


双子の遺伝子――「エピジェネティクス」が2人の運命を分ける

同じ遺伝子を有し、自然界のクローンとも言われる「双子」。
だが、これまでに出会った双子を思い返してみると、
不思議なことに気づかないだろうか?

「果たして双子は、『クローン』と呼べるほど『同じ』なんだろうか?」

体重差が27キロある双子、
一方だけが乳癌になった双子、
ゲイとストレートの双子……。
本連載に登場する、「同じ遺伝子を持ちながらまったく違う(Identically Different)双子」は、
遺伝子だけでは説明できない「何か」の存在を教えてくれる。

このような、遺伝子によらない遺伝の仕組みが、
いまや生物学・遺伝学だけではなく、
長寿や健康、ガン治療などの観点からも注目を集めている「エピジェネティクス」だ。
本連載は、「同じなのに違う」双子の数奇な運命を通して、
遺伝学の最前線を紹介する。

「双子の遺伝子――「エピジェネティクス」が2人の運命を分ける」

⇒バックナンバー一覧