ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

イオン、セブンが新店で模索
総合スーパー立て直しの成否

週刊ダイヤモンド編集部
2014年12月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

小売り大手“2強”が新たな店舗を相次いでオープンさせた。イオンは完全子会社化するダイエーで、食に特化した実験店を披露。セブン&アイ・ホールディングスは大型商業施設内でイトーヨーカ堂の看板を外す試みを始めた。そこには総合スーパー立て直しの思惑が透けて見える。

 イオングループの中核として、今までにないスーパーをつくっていく──。

食に特化したイオン・フード・スタイル・ストアの実験店は中食を充実させ(上)、植物と健康を軸とした売り場を新設した(下)
Photo by Hiroyuki Oya

 11月29日朝、千葉県市川市のショッピングモールで、核テナントであるダイエーの村井正平社長が声を張り上げた。

 3日前の臨時株主総会で、2015年1月にイオンの完全子会社になることが正式に決まったダイエー。この日、リニューアルオープンした「ダイエーいちかわコルトンプラザ店」の最大のミッションは、イオンが進めるスーパーの新業態を成功に導くことである。

 イオンは総合スーパー(GMS)事業の不振に苦しむ。14年度上半期の決算で、中核となるダイエーとイオンリテールがそれぞれ102億円、75億円もの営業赤字を計上した。

 危機的な状況を前に、イオンはダイエーの完全子会社化や、マルエツ、カスミの経営統合などを軸にスーパー事業の大改革を推し進めている。

 目玉は、家族向けや50代以上向けなど、既存の店舗を5種類の新業態に再編すること。今回改装した店舗は、食に特化した「イオン・フード・スタイル・ストア」の実験店で、「絶対に失敗できない」(ダイエー幹部)存在なのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧