ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

アナ雪・妖怪ウォッチ・USJハリポタ……
2014年のヒット作はどこがすごいのか

検証・人の気持ちが「買いたい」に変わるメカニズム

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]
【第69回】 2014年12月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

アナ雪・妖怪ウォッチ
USJハリポタ人気の共通点

 雑誌や新聞などで「今年のヒット商品」が話題になる季節がやって来ました。今年の大流行は、何といってもキャラクターもの。映画『アナと雪の女王』や、ゲーム、およびテレビアニメ版『妖怪ウォッチ』、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクション『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』などが、いくつかのメディアで上位にランキングされています。

『アナと雪の女王』の観客動員数は2000万人を超え、興行収入も254億円という歴代3位の記録を打ち立てましたが、爆発的ヒットの原動力ともいえる主題歌「Let It Go~ありのままで~」は、聴いて楽しむだけでなく、映画館で観客が一緒に歌う企画を実施したことでも話題になりました。また、YouTubeを検索すると、多くのユーザーが自ら歌った動画を公開しています。

『妖怪ウォッチ』も、アニメ版のエンディングテーマ「ようかい体操第一」のダンスを子どもたちが踊る様子が、さまざまな場所で見受けられましたし、『ハリー・ポッター』については、今年のハロウィンでは魔法使いに扮した若者たちが大騒ぎをしたことが話題になりました。

 これらの3つのヒット作品の共通点は、キャラクターというコンテンツに消費者自身が参加しているところにあると、私は見ています。映画、ゲーム、テレビ、アミューズメントパークの持つ本来の価値に加え、そのコンテンツに自らが絡んだり参加することで、さらなる楽しみを味わうというものです。

 このように、消費者が参加することでブームが加速し、ヒット商品が生まれるようになった背景には、ソーシャルメディアの存在があります。自分だけで楽しむのではなく、歌ってみたり、踊ってみたり、コスプレしたりすることで、自分自身がコンテンツとなってソーシャルメディア上に登場し、他の人から共感を得ることで楽しみは倍増していきます。セルフィー(自撮り)ブームも、このような流行の作り方を後押ししたのではないでしょうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧