ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
生活保護のリアル みわよしこ

2014年衆院選の争点はアベノミクスの是非じゃない
真の争点「社会保障と雇用」から比較した各党公約

――政策ウォッチ編・第89回

みわよしこ [フリーランス・ライター]
【政策ウォッチ編・第89回】 2014年12月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2014年12月14日は、衆議院総選挙の投票日である。

今回は「総選挙の真の論点は、社会保障と雇用」という観点から、各党の公約を比較する。期待したくなる社会保障政策・雇用政策を公約している党はあるだろうか? それらの公約は、少なくとも実現がまったく不可能というわけではない経済政策や財源確保とセットになっているだろうか? 

本文中で紹介する銀行系シンクタンクから見た「アベノミクス」の現在の盲点とも合わせ、近未来の日本社会がどうあってほしいかをイメージし、投票にあたっての選択を行うための一助としていただければ幸いだ。

「社会保障と雇用」に注目して
各党の公約を比較

 明後日・2014年12月14日は、衆議院総選挙の投票日だ。当日、筆者の住む東京都は天気予報では快晴の見通しだが、東北・北海道を中心に大雪が予想されている地方も多い。投票を予定している方は、可能であれば期日前投票を行っておいたほうが安全かもしれない。

 今回は、比例代表で選択可能な各党の政策を、社会保障と雇用に注目して比較する。さらに、第二次安倍政権と「アベノミクス」下での変化が景気にどのような影響を与えたか、景気と雇用の関係はどのようであったかを検討したい。

 今回、各党の公約を検討するにあたり、比較する論点は、

・社会保障一般
・生活保護
・子どもの貧困
・教育
・雇用
・財源

 の6点に絞る。

 なお、景気については、あえて含めていない。分配の問題を不確定要因の多い仮定のもとに考えるのは、本末転倒ではないかと思うからだ。たとえば「好景気であれば社会全体が潤うので分配も豊かになる」「富裕層がよりリッチになればトリクルダウンが期待できるので低所得層もリッチになる」のように「好景気であれば」「富裕層がよりリッチであれば」という仮定を置くのであれば、その仮定が現実にならない限りは必要な分配が行われないことになる。

 分配はむしろ、深刻な不況や経済破綻のもとでこそ重要視される問題ではないだろうか? 最後のパンの一切れまで分け合って誰も死なせない道を最後まで放棄しないことこそ、再起を可能にし、より容易にする道であろう。もちろん、そこまでの極限状況に最初から陥らないことこそ、最も望まれる。そのためには、雇用と社会保障を不可分のものとして、分配の一形態として考える必要がある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

みわよしこ [フリーランス・ライター]

1963年、福岡市長浜生まれ。1990年、東京理科大学大学院修士課程(物理学専攻)修了後、電機メーカで半導体デバイスの研究・開発に10年間従事。在職中より執筆活動を開始、2000年より著述業に専念。主な守備範囲はコンピュータ全般。2004年、運動障害が発生(2007年に障害認定)したことから、社会保障・社会福祉に問題意識を向けはじめた。現在は電動車椅子を使用。東京23区西端近く、農園や竹やぶに囲まれた地域で、1匹の高齢猫と暮らす。日常雑記ブログはこちら


生活保護のリアル みわよしこ

急増する生活保護費の不正受給が社会問題化する昨今。「生活保護」制度自体の見直しまでもが取りざたされはじめている。本連載では、生活保護という制度・その周辺の人々の素顔を知ってもらうことを目的とし、制度そのものの解説とともに、生活保護受給者たちなどを取材。「ありのまま」の姿を紹介してゆく。

「生活保護のリアル みわよしこ」

⇒バックナンバー一覧