ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

ITイノベーションのアイデアを創出する方法

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第32回】 2014年12月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

長年の事業の強みを
軸に据えた分析

 もう1つ重要なポイントとなるのは、ベンチャー企業とは異なり、長年事業を展開している老舗企業やこれまで成功を収めてきた大企業においては、外部環境の変化や顧客のニーズを組み合わせたイノベーションの種が見つかったとしても、それが「自社のコンピタンス」と適合するかという問題が残る点である。

 既存事業との競合や利益相反(いわゆるカニバリゼーションの問題)、転用できる経営資源やノウハウの有無などの問題をクリアできなければ、アイデアはアイデアのままで終わってしまい、ビジネスとして結実しない。

 そこで、既存事業を展開する企業がイノベーションのアイデアを創出するための分析フレームワークとして、筆者が考案したC-NES分析とこれを活用してイノベーションのアイデア創造を行うイノベーション・ワークショップの手法を紹介したい。

 まず、C-NES分析のフレームワークについて紹介しよう。C-NES分析では、まずイノベーションの発想の起点として「自社のコンピタンス(C)」「ニーズ(N)」「外部環境の変化(E)」「シーズ(S)」の4つの分類でアイデアを洗い出す(図2)

 洗い出しの手法は、ブレインストーミングでもカードBS法でも構わない。ここで重要なのは、洗い出しの段階では、アイデアに枠や制限を設けず、斬新なものや一見突飛と思われるアイデアを排除しないことである。

 次に、自社のコンピタンスを中心において、ニーズ(C-N)、外部環境の変化(C-E)、シーズ(C-S)とそれぞれ組み合わせたアイデアを出す。具体的な進め方としては、何回かにわたるチーム討議を開催することを推奨する。こうした一連のチーム討議をイノベーションワークショップと呼んでいる。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧