ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

コンパクトで、ちょっと贅沢…
シニア層を魅了する人気の小型家電とは?

田島 薫
2014年12月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 旅行やレジャー、グルメ、そして消費の各シーンにおいて、日本国内のマーケットはすっかりシニアの動向に左右されるようになった。街には元気で活動的なシニアが大勢繰り出し、各々が自身の時間を謳歌しているようにも見える。

 このように、時間も活力も経済力も備えたシニア層が増えたことで、彼らの旺盛な消費意欲を見込んだ製品の開発も花盛りだ。その一例として、国内の大手家電メーカーが次々に投入している、シニア仕様の新製品のケースが挙げられる。

 東芝ライフスタイルは、指で軽く押すだけで、扉がワンタッチで開く冷蔵庫「ベジータ」(税別価格:14万円前後)を発売。腕の力が衰えつつあるシニアたちの支持を集めた。また、シャープが今年春に発売した茶の抽出機「ヘルシオお茶プレッソ」(2万円前後)は、本格的な緑茶が楽しめると好評を得て、増産体制が続いている。

炊飯の新たな楽しみを提案するIH炊飯器「打込鉄釜 おひつ御膳RZ-VS2M」。ごはんを好みの硬さで炊き上げられるよう、水の加減がしやすい水位線を内釜に採用するなど、利便性を追求している

 さらに大ヒットにつながったのが、日立アプライアンスのIH炊飯器「打込鉄釜 おひつ御膳」(6万円前後)だ。

 ポイントは、2合以下の少量が美味しく炊けること。蓄熱性のある内釜「重厚打込鉄釜」を、断熱材などで囲う構造にすることで高温を保ち、しっかり蒸らして炊き上げることがその秘密である。

 内ふたや蒸気口が丸洗いできるなど、使いやすさにも工夫を凝らしている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


消費インサイド

今の世の中、いったいどんな商品やサービスが流行っているのか? それを日々ウォッチすることは、ビジネスでヒントを得るためにも重要なこと。世間でにわかに盛り上がっているトレンド、これから盛り上がりそうなトレンドを、様々な分野から選りすぐってご紹介します。

「消費インサイド」

⇒バックナンバー一覧