ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

ソニー標的のサイバー攻撃で
拡大する情報流出の火の手

週刊ダイヤモンド編集部
2014年12月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 情報流出の火の手は、今なお拡大し続けている。ソニー子会社で、映画製作などを手掛けるソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)のシステムが、外部からサイバー攻撃を受け、一時機能不全に陥ったのは11月24日のこと。

情報流出をめぐってはソニー・ピクチャーズの報道対応にも批判が集まり始めている
Photo:AFP=時事

 当時、米国本社で使用不能になったパソコンには、「Hacked By #GOP」と記された画像が表示され、「われわれに従わなければ、世界中に(内部)情報を公開する」と犯行声明が書かれていた。

 その後、「トレント」などのファイル共有サイトに一斉にアップロードされたデータは、被害額の算出が簡単にはいかないほど、膨大なものだった。

 各種報道などによると、流出したSPE製作の「フューリー」や「アニー」などの新作映画データは、ファイル共有サイト上ですでに100万回以上ダウンロードされており、中にはスパイ映画「007」最新作の脚本とみられるデータもあったという。

 流出した情報は映画のデータにとどまらない。

 SPEの役員報酬や従業員の給料、住所のほか、投資ファンドによる出資話、アンジェリーナ・ジョリーやブラッド・ピットなどハリウッド俳優たちのパスポートのコピー、社会保障番号、電話番号なども含まれていた。

 また、電子メールのデータも大量に流出しており、SPE首脳がオバマ大統領を引き合いに出し、人種差別とも受け取れるような内容のメールを送っていたことで、謝罪に追い込まれる事態にまで発展している。

次のページ>> 強まる北朝鮮犯行説
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧