ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
元経産官僚・伊藤慎介の“天落”奮闘記

起業は肩書き無しの“素の自分”をさらけ出す鏡
リセットの機会は多様性のある社会の基礎となる

伊藤慎介 [株式会社rimOnO(リモノ)代表取締役社長]
【第2回】 2014年12月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 本連載では、本年7月に経産省を退官してベンチャー企業を立ち上げた筆者が、経営者としての生身の体験の一部をご紹介するとともに、日本の構造的な問題や復活に向けたビジョンなどについて語っていく。

第1回『なぜ経産省を辞めて“天落”人生を選んだのか』では、国家プロジェクトでは世の中を変えられない理由について解説した。第2回の本稿では、実際に起業するまでの間に起こった筆者自身の心境の変化と、起業する過程で見えてきた周囲との関係についてご紹介したい。

起業で頼りになるのは誰か?

 霞が関というのは非常に面白いところである。雑用係からスタートしたと思ったら、突然重要な判断を求められる責任者の立場に置き換わる経験をする。

 入省して1年目の時は、官僚なのかアルバイトなのかが分からないくらい、たくさんの雑用をやらされた。例えば大量のコピーやコピーした資料の配布、打ち合わせのための弁当の手配、会議室の予約、公用車やタクシーの手配などだ。

 しかし、5年目くらいで課長補佐を命ぜられるようになると、状況は一変する。「あなたが判断し、行動しなければ誰もやってくれませんよ」と言われかねない状況に置かれ、高度な判断や行動を求められるようになる。

 企業の人たちとの接点も大幅に増える。自分の父親と変わらない年齢の大企業の部長級と付き合うことは、当たり前になっていく。当初は一回りも二回りも上の年齢の人と対等に話すことに違和感を覚えていたが、仕事上お願いされたり、お願いしたりすることが増えてくると、違和感はどこかに吹っ飛び、これも当たり前のこととなってくる。

 筆者も課長補佐になって1~2年目くらいまでは違和感を持っていた。しかし、いつの間にか慣れてしまい、大企業の幹部クラスの人たちと対等に話し、時には意見することも当たり前のことになっていったように思える。

 ところが、度重なる異動を経験していくと、前職で頻繁に会って話をしていた人から、パタッと連絡が途絶えることが増えていくことに気づいた。こうしたことを何度か経験していくうちに、この人は肩書で付き合っていて、あの人は肩書とは無縁に付き合ってくれる、という視点を持つようになった。今思えば、ひょっとするとこのあたりから、官僚をやり続けることに違和感を覚え始めていたのかもしれない。

次のページ>> 起業は結婚に近い?!
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

伊藤慎介 [株式会社rimOnO(リモノ)代表取締役社長]

いとう・しんすけ/株式会社rimOnO(リモノ)代表取締役社長。1973年生まれ。京都大学大学院工学研究科卒業後、1999年に通商産業省(現、経済産業省)に入省。経済産業省では、自動車用蓄電池の技術開発プロジェクト、スマートハウスプロジェクト、スマートコミュニティプロジェクトなどの国家プロジェクトを立ち上げた後、2011~2013年には航空機武器宇宙産業課において航空機産業政策に従事。2014年7月に経済産業省を退官し、超小型電気自動車のベンチャー企業、株式会社rimOnOをznug design根津孝太と共に設立。


元経産官僚・伊藤慎介の“天落”奮闘記

経済産業省の官僚としてキャリアを積んできた伊藤慎介氏。しかし、新しいコンセプトの電気自動車を世に出すべく退官。株式会社rimOnOを設立した。官僚として定年まで勤めて政府系団体のポストに就くのが“天下り”だが、伊藤氏は官僚という“天”の地位から“下る”のではなく自ら“落ち”、リスクを背負って起業した。しかし、伊藤氏はそれによって産業政策についての新たな視点を得た。本連載では今の日本に求められるイノベーションとは何なのか、新たな産業の創造には何が必要なのか、官僚を辞めリスクをとって起業し、奮闘したからこそ見えてきた視点・視角をお届けする。

「元経産官僚・伊藤慎介の“天落”奮闘記」

⇒バックナンバー一覧