ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

30代の大人が支える
ミニ四駆ブーム再来の秘密

週刊ダイヤモンド編集部
2015年1月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「ミニ四駆」。この言葉に30代後半の読者は郷愁を感じるのではないだろうか。それどころか、童心に帰って遊んでみたいと思うかもしれない。今、そうした大人が急増し、ミニ四駆がブームになっているのだ。

小型だが時速30kmも出る。イベントには数万人の参加者が集まることも

 2014年10月、都内で開催されたレースイベント「ジャパンカップ」には2万6000人ものファンが、ミニ四駆を持ち寄り詰め掛けた。通常のレースイベントでも3000人以上が来ることも珍しくない。

 ミニ四駆は、1982年にタミヤが発売して以来、これまで80年代末と90年代半ばの2度にわたってブームが到来。発売から30年たった12年になって再びブームが巻き起こり、今なお人気を博しているのだ。

パーツ選びも喜び

 なぜ、ミニ四駆はこれほどまでに人を引き付けるのか。

 ミニ四駆はレーシングカーのような外見の車体に、モーターが搭載されている玩具。しかし、ただの車の玩具ではない、奥深い楽しみがそこにはある。

 まず、発売当初、プラモデルといえば接着剤が必要で、難解なイメージを持たれがちだったが、ミニ四駆は接着剤が不要で組み立てるだけ。しかも、鑑賞するだけでなく、実際に走るし、幅や出力など規格が統一されているから、専用コースで、速さを競うこともできる。

 これが人気に火を付けた。何しろ、組み立ては簡単だとはいえ、速さを競い、好成績を残そうと思えば、カーブを重視するのか、直線を狙うのかなど、コースによってチューンアップが必要となる。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月1日号 定価710円(税込)

特集 特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国

違いが分かる食の帝国を徹底解明!

【特集2】
2017年 新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続 選考解禁前倒しも競争は激化

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧