ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

逆養老の告発と税制改正で
法人向け節税保険の断末魔

週刊ダイヤモンド編集部
2015年1月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 年明け間もない14日、生命保険業界に衝撃が走った。節税を狙った法人向けの保険商品を悪用したとして、名古屋の金属加工メーカーが名古屋地検特捜部に告発されたからだ。

 その保険商品とは、「逆養老保険(逆ハーフタックス)」と呼ばれるもの。通常、会社が役員や従業員の福利厚生を目的として加入する養老保険は、死亡保険金の受取人を役員や従業員の遺族、満期保険金の受取人を会社にする。すると、会社が支払った保険料の半分が経費となり、損金計上できる。

 逆ハーフタックスとは、まさに通常とは逆の掛け方をした保険で、死亡保険金の受取人を会社にし、満期保険金の受取人を役員や従業員にするというものだ。メリットは、保険料の全額を経費として損金計上できることにある。

 ただし、あくまでこの手法は、税務上の規定がないということに依拠しているだけで、グレーゾーンとされている。

 もっとも、今回の名古屋地検の告発は、このスキームにメスが入ったわけではない。契約者名義を社長に変更した後、解約返戻金を受け取るために保険を解約したにもかかわらず、所得として計上しなかったため脱税とされた格好だ。

プルデンシャルが注力

 ならば、逆ハーフタックスは安泰かというと、そうではない。

 というのも、税務上の規定がないことから実務上は、「保険税務に精通した税理士などが関与しなければ、後に否認されることもある」(保険関係者)からだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧