ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由
【第12回】 2015年2月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
杉本宏之 [起業家]

起業家対談シリーズ第4回 内藤裕紀
自分にブレーキが利かなくなる時がある
内藤裕紀×杉本宏之【前編】

1
nextpage

業界史上最年少上場を記録したベンチャー企業の経営破綻、そして起業家としての再生を描いた『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』の著者である起業家・杉本宏之氏が、本書にも登場する経営者たちと語り合う必読のシリーズ企画。第5回は同世代の起業家として公私ともに親しい『ドリコム』のCEOである内藤裕紀氏の登場だ。(構成・寄本好則 写真・寺川真嗣)

この本の「凄み」を理解するには
読む人に「器」が必要だ。

内藤 僕も読ませていただきましたが、この本、反響すごいですね。知り合いの経営者たちが、こぞってブログやフェイスブックに感想を書き込んでました。

杉本 ありがとうございます。僕は思うところあってフェイスブックはやってないんですけど、いろんな方のブログは読ませていただいたし、ラインで激励の言葉をいただいたりしましたよ。

編集部 ただ、よくある経営本というか、マニュアル本として読もうとした読者の方からは「参考にならない」といった厳しい意見もあります(笑)。

杉本 そうなんですよね。アマゾンのレビューでも、星5つのお褒めの言葉と、星ひとつの厳しい評価が混在している感じで両極端。「ただの自慢話じゃないか」といったお叱りもいただきました。

内藤裕紀(ないとう・ゆうき)[株式会社ドリコム代表取締役社長]
1978年生まれ。京都大学在学中の2001年に有限会社ドリコムを設立し、代表取締役に就任。インターネットサービスの提供を主軸に事業を展開。2006年に東証マザーズ上場を果たす。

内藤 だって、400億円借金してから再起するって、普通の人にとってはマニュアルにならないですもんね。自分自身に経営者感覚がない人が読んでも、なかなか共感できないでしょう。
 ある意味で、読む側の「器」が求められる本なんだと感じます。僕としては『30歳で400億~』にはすごく共感できましたよ。

杉本 ありがとうございます。

内藤 とくに、地獄に転落したあたりのエピソードは、同じ時期に僕もちょうど大変だったこともあって、身につまされる思いで読みました。あの当時は、ふたりで会っても傷の舐め合いになるからって、ほとんど飲みにも行かなかったですもんね。

杉本 当時のドリコムは、楽天からの出資を受けて窮地を脱したんでしたよね。

内藤 そうですね。なんとか乗り越えることができたけど、ぎりぎりの綱渡りではありました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


杉本宏之(すぎもと・ひろゆき) [起業家]

1977年生まれ。高校卒業後、住宅販売会社に就職、22歳でトップ営業となる。2001年に退社し、24歳でエスグラントコーポレーションを設立。ワンルームマンションの分譲事業を皮切りに事業を拡大し、総合不動産企業に成長させる。2005年不動産業界史上最年少で上場を果たす。2008年のリーマンショックで業績が悪化、2009年に民事再生を申請、自己破産。その後再起し、エスグラントに匹敵する規模にグループを育て上げた。

 


30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由

業界の風雲児として急成長企業を育て、最年少上場記録を打ち立て、最高益を叩きだした矢先、リーマンショックで巨額負債を抱え破たん。どん底から再起動へと歩む起業家は、失敗から何を教訓とし、迷惑をかけながら支えてくれた人々に何を伝えるのか? 本連載では、『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』の一部を順次掲載していきます。

「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」

⇒バックナンバー一覧