ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
お金持ちになるためのバフェット入門
【第11回】 2007年12月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
三原淳雄

優れた経営者ほど、失敗を堂々と語る
株主に誠実な経営者を見抜くポイント

1
nextpage

 バフェットは、株主に対して誠実な経営者を高く評価し、業績についても正直に報告することを望んでいます。とくに、株主が抱いている次の疑問にきちんと答えることが大切だと考えています。

(1) 会社の価値はおおむねいくらぐらいか

(2) 借金をきちんと返済できるだろうか

(3) 与えられた条件のなかでうまく経営しているか

 そのよいお手本になるのが、バークシャー・ハザウェイのアニュアルレポートです。目を引くようなグラフなどはありませんが、株主が業績を正しく評価するための情報が正直に盛り込まれています。これは、バフェットが株主に対して誠実に接しようする姿勢の表れでしょう。

 2001年に、アメリカではエンロンなど会社の不正行為が相ついで発覚しました。会計処理のごまかしが多発したうえに、決算書にお墨付きを与えている監査法人までもが不正に加わっていたのです。バフェットはこうした会計スキャンダルをとても嫌います。これらの行為を防ぐためには、会計制度を見直すだけでなく、経営者の貪欲さやウソを追及するべきだと話しているほどです。

 「最近の決算書を読むと、形式的な損益計算書をひんぱんに目にするでしょう。こうした決算書を作成した経営者は『これもあれも除外して、大きな利益を上げていることを示すものだけ見てください』と言っているようなものです。悪いことは全部忘れてくださいというメッセージを、恥ずかしげもなく毎年発表する経営者がじつに多いのです」

 バフェットは、こうした経営者の姿勢は株主を裏切る行為として腹を立てています。なぜなら、株主は会社のオーナーであり、株主を大切にしない会社はけっして成長できないと考えているからです。

会社は株主のおかげで
発展している

 経営者が株主に対して誠実かどうかを知るために、株主総会に出席してみるのも1つの方法です。日本企業の株主総会も少しずつ開かれたものになってきましたが、相変わらず形式的なものだったり、ヤジが飛んだりといった雰囲気は否めません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


三原淳雄

1959年九州大学経済学部卒業後、日興證券に入社。70年ノースウェスタン大学経営大学院留学。日興證券ニューヨーク支店勤務、ロサンゼルス支店長を経て同社退社。80年三原淳雄事務所を設立。現在、経済評論家として、日本経済、株式投資などの講演・執筆活動多数。日本におけるウォーレン・バフェットの研究家として知られている。


お金持ちになるためのバフェット入門

バフェットの考え方がわかれば、安全・確実に資産を増やすことができる。銘柄の選びからバリュー投資までのシンプルな考え方をコンパクトに紹介。

「お金持ちになるためのバフェット入門」

⇒バックナンバー一覧