ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
営業が死ぬほど嫌いでもラクに結果を出せる36のコツ
【第3回】 2015年2月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
嶋津良智

出入り禁止や関係が切れてしまった企業を
あえてターゲットにする
不満から始まる「最後に一度だけチャンスをください」

1
nextpage

最速最短で結果を出すためには、勝ちパターンを知ることです。つまり、これ以上やってもダメだとわかることもあれば、これは確実にクロージングできるという確信を持つこと。今回は、これほど誰も行きたがらない、けれども、自社の商品・サービスに理解のあるお客様への営業方法を紹介します。
新刊『営業が死ぬほど嫌いでもラクに結果を出せる36のコツ』の著者・嶋津良智氏による連載第3回。

ノルマなんて怖くない!
最速最短で結果を出すお客様の探し方

 営業に行くのは誰もが嫌がるけれど、じつはオイシイ。そんな営業先があります。 

 「出入り禁止」相手への営業です。

 企業間の取引で過去に何らかの大きな問題を起こすと、相手企業から「出入り禁止」を言い渡されることがあります。そうなると当然、営業マンはその企業を訪問することはできなくなります。

 ただその状況が何年か続き、新入社員が入ってきて、過去の事情を知らない人が増えてくると、間違ってその会社に新規開拓に行ってしまう人も出てきます。

 すると当然、「お宅の会社は出入り禁止だ!」と、とりつくしまもなく追い返されることになります。

 社員間で情報の共有化がされておらず、「片っ端から営業してこい!」というスタイルの会社だと、たびたびそんなことが起こります。

 出入り禁止の会社にあえて営業するような営業マンはいません。怒鳴られて追い出されるのがオチですから。

 私が営業をしていたときも、「出入り禁止だ!」と言われ追い返されることがたびたびありました。私が勤めていた会社は設立したばかりで急成長の過程にあり、営業の勢いはすごかったのですが、組織としては未熟な面が多々ありました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


嶋津良智 [一般社団法人日本リーダーズ学会 代表理事]

 

日本唯一の「上司学」コンサルタント。大学卒業後、IT系ベンチャー企業に入社。同期100名の中でトップセールスマンとして活躍、その功績が認められ24歳の若さで最年少営業部長に抜擢。就任3か月で担当部門の成績が全国ナンバー1になる。その後28歳で独立・起業し代表取締役に就任。M&Aを経て2004年5月株式上場(IPO)を果たす。2005年次世代リーダーを育成する教育機関、リーダーズアカデミーを設立。2007年シンガポールへ拠点を移し、業績向上に寄与する独自プログラム「上司学」が好評を博し、世界中で2万5000人以上のリーダー教育に携わり、講演・企業研修・コンサルティングを行う。また、ベストセラー著者兼ベンチャー経営者仲間の5人で、チャリティーのビジネスセミナーを世界14都市で開催。2013年日本へ拠点を戻し、現在は一般社団法人日本リーダーズ学会を設立。世界で活躍するための日本人的グローバルリーダーの育成に取り組む。主な著書として『怒らない技術』(フォレスト出版)をはじめ、『目標を「達成する人」と「達成しない人」の習慣』(明日香出版社)などがあり、累計120万部を超える。
 

 


営業が死ぬほど嫌いでもラクに結果を出せる36のコツ

営業が嫌いで苦手、やりたくないと思っていても最速最短で結果を出せることができます。「半年でトップ営業マン」「24歳で最年少営業部長」の実績を生んだ36のマイルールから、「やめる、すぐやる、さきをよむ」を中心にした超効率的な勝ちパターンを紹介。これさえ身につければ、今までの営業スタイルが大きく変わります!

「営業が死ぬほど嫌いでもラクに結果を出せる36のコツ」

⇒バックナンバー一覧