ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

FPの魂の値段はいくらなのだろうか?

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第4回】 2007年10月23日
著者・コラム紹介バックナンバー

 あるパーティで、複数のFP(ファイナンシャルプランナー)と会った。いずれも、著作を何冊も出し、手広く活動されている現役の方がただ。彼らとひとしきり話し込んだのは、FPはいくらなら魂を売るのか、という話題だった。彼らは異口同音に、「FP商売は魂を売らないと大儲けができない。でも、私はそうしたくない」と言うのだった。「魂を売る」とは、何をすることなのだろうか。

 最近、雑誌にあるFPが登場する銀行の広告が載っており、これがFP仲間のあいだで話題になっているらしい。内容の不適切性は明白だから名指しでもいいのだが、個別の人や銀行の商売を邪魔するつもりはないので、FPをA氏、銀行をM銀行(3大メガ銀はいずれもMだ)とする。

 広告は、シニア層に毎月分配型の投資信託を勧めるものだ。この種の不適切な広告としては典型的なものなので、詳しく紹介する。M銀行の担当者が手を入れた可能性もあるが、文体はA氏のものだ。順を追って、巧みに毎月分配型ファンドを勧めている。

 まず、退職者は公的年金だけではゆとりある生活ができないと、不安ないしは不足を意識させるところは、生命保険や健康食品などにもよくある手口で、この種の広告の定石だ。次に、かつては利息が収入源であったが、現在の低金利では「収入と言えません」と断定する。加えて、蓄えを「切り崩して生活するのは抵抗があります」と出口をあらかじめ塞ぐところが、巧みだ。毎月分配型を、抵抗なく使える定期収入をつくる仕組みとして位置づける。

 そして、筆者が最初に見て目を丸くした次の一文がくる。「資産運用で肝心なのは、インカム・ゲインとキャピタル・ゲインを分けて考えること」だという。続いて、インカム・ゲインを得られる国債や社債は、国や企業が破綻しなければ利子と元本が返ってくるとわざわざ説明し、インカム・ゲインの安全性を印象づける。

 最後近くに、値動きが異なったファンドを持つと「リスクの軽減が期待できます」と、他の商品を勧めながら、リスクへの言及のアリバイをつくっているのは巧みだ。

 この説明を「あるべきFP」の立場から批判すると、まずインカム・ゲインとキャピタル・ゲインについては、両者を合わせて損得を考えるべきだ、という点が挙げられる。経済的な損につながるような顧客の無用の抵抗感やこだわりを、ていねいな説明で取り除き、大切なおカネを少しでも得に扱えるようにアドバイスするのが、正しいFPの道だろう。

 またこの広告は、インカム・ゲインは安心だ、という印象を与えることに腐心している。銀行のセールストークでも、分配金の大きさと過去の分配金が安定していたということを繰り返すらしい。

 リスクについては、単に「元本保証はない」とか、外国為替相場の変動により「値動きがある」という説明では、不十分だ。たとえば、1年で最大どれくらい値下がりする可能性があるか、ということへの具体的言及が必要だ。

 この広告の掲載は金融商品取引法の施行前だが、金商法の施行後、広告の今回のような記述はどう判断されるのか。「大きさ」がよくわかる具体的記述のないリスク言及など無意味であり、それでいいなら、金商法はザル法である。金融庁の見識に注目したい。

 A氏には、お会いしたことがある。彼の知識でも、今回の広告の内容がFPとしてダメなことはわかるはずだ。魂が安売りされているのを見るのは残念だ。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧