ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由
【第17回】 2015年3月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
杉本宏之 [起業家]

起業家対談シリーズ第6回 野尻佳孝
新しい価値観やライフスタイルをクリエイトする
野尻佳孝×杉本宏之【後編】

1
nextpage

『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』の著者である起業家・杉本宏之氏が、本書の中にも登場する起業家たちと語り合う人気シリーズ企画。著者にとって恩人でもあるテイクアンドギヴ・ニーズの野尻佳孝会長と、腹を割った話が盛り上がる。

痛い思いをした僕らは、
浮かれた時代を
客観視できるようになった

野尻 先輩方がよく「バブルの時代は」って語るのと同じで、僕らはITの勢いに乗った時代に飲み込まれた。でも、時間が経ってみると、その時代を経験したことをポジティブに考えられる部分もある。
 たとえば、今から同じような時代の流れがあったとしても、杉ちゃんは乗りますか?

杉本宏之(すぎもと・ひろゆき)[起業家]
1977年生まれ。高校卒業後、住宅販売会社に就職、22歳でトップ営業となる。2001年に退社し、24歳でエスグラントコーポレーションを設立。ワンルームマンションの分譲事業を皮切りに事業を拡大し、総合不動産企業に成長させる。2005年不動産業界史上最年少で上場を果たす。2008年のリーマンショックで業績が悪化、2009年に民事再生を申請、自己破産。その後再起し、エスグラントに匹敵する規模にグループを育て上げた。2014年7月、復活を果たしたのを機に著書『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』を刊行した。

杉本 いえ、今はもう、迂闊に乗れないでしょうね。

野尻 でしょ。一回痛い思いをした僕らは、浮かれた時代を客観視できるようになったということだと思うんだ。

杉本 リーマンショックの時も、バブルを乗り越えてきた企業は比較的大きなケガをしていないですしね。
 ただ、あの時代、野尻さんや堀江さん、藤田さんといった起業家は、僕たち若手起業家にとって憧れの存在でした。野尻会長は「この人は芸能人か?」と思うくらい芸能界に華々しい人脈をもってらして。とにかくかっこよかった。まさに、野尻さんたちが「時代」を作った一面もありますよね。

野尻 表現の仕方をミスしたかなという反省はある。当時、僕らは3人で会うと、本当に日本経済の将来や、何かしら社会貢献に繋がるような影響力をもちたいという思いを語り合っていたんですよ。
 子どもたちの将来の夢で10位以内に「起業家」が入るようにしたいとも思ってた。起業家が増えて新しい市場が成長しないと、経済は成長しないでしょ。だから、子どもたちや若い人たちが憧れる起業家でいたいとは思っていた。でも、派手な部分ばかりが世間には注目されちゃったようなところはあったよね。

杉本 なるほど。

野尻 杉ちゃんも当時は20代だったわけでしょ。僕も若かった。なにはともあれ、若くしてそういう時代を経験できたことは、いい意味でも悪い意味でも「いい経験」だったのかなと思えるようにはなってきたよ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  上場 , 破綻
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


杉本宏之(すぎもと・ひろゆき) [起業家]

1977年生まれ。高校卒業後、住宅販売会社に就職、22歳でトップ営業となる。2001年に退社し、24歳でエスグラントコーポレーションを設立。ワンルームマンションの分譲事業を皮切りに事業を拡大し、総合不動産企業に成長させる。2005年不動産業界史上最年少で上場を果たす。2008年のリーマンショックで業績が悪化、2009年に民事再生を申請、自己破産。その後再起し、エスグラントに匹敵する規模にグループを育て上げた。

 


30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由

業界の風雲児として急成長企業を育て、最年少上場記録を打ち立て、最高益を叩きだした矢先、リーマンショックで巨額負債を抱え破たん。どん底から再起動へと歩む起業家は、失敗から何を教訓とし、迷惑をかけながら支えてくれた人々に何を伝えるのか? 本連載では、『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』の一部を順次掲載していきます。

「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」

⇒バックナンバー一覧