ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

営業利益3兆円も視野に
トヨタ、リーマン後改革の凄み

週刊ダイヤモンド編集部
2015年2月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

トヨタ自動車の2014年度の連結営業利益の見通しが、2兆7000億円となった。リーマンショック前の最高益を更新し、円安効果や春闘での賃上げ動向にも関心が集まるなど、社会から再び注目される状況になりつつある。その背景には、リーマン後の地道で愚直な体質改善がある。

トヨタの豊田章男社長(写真右)は、現状を「意思ある踊り場」と位置付ける。株式市場からは理解されにくいが、台数を追うのではなく身の丈に合った成長を目指す
Photo by Mitsufumi Ikeda

 2兆7000億円──。売上高の数字ではない。営業利益の水準だ。業績が絶好調なマツダの今期の売上高が2兆9800億円、同じく好調な富士重工業が2兆8500億円の見通しである。これら2社の売上高と、ほぼ同じ規模の“利益”をたたき出すのだからすさまじい。

 トヨタ自動車は2月4日、2014年度の連結営業利益の見通しを、前期比18%増の2兆7000億円へと、従来予想から2000億円、上方修正した。

 しかも、通期の連結売上高は27兆円を見込むから、営業利益率は10%と2桁に及ぶことになる。

 売り上げ規模が半分に満たないホンダや日産自動車のそれが5%台であることを鑑みても、トヨタという巨人の収益性の高さはひときわ目立つ。

 営業利益2000億円の上方修正の最大の要因は、円安という環境の好転ではある。通期の想定米ドル為替レートを前回の1ドル=104円から109円へと5円の円安に変更、1750億円の利益押し上げ効果があった。

 リーマンショック直前の業績と比較すると、07年度の連結営業利益は2兆2703億円と今期より4300億円ほど低い。当時は1ドル=114円で、今期の想定レートより5円も円安水準だから、トヨタがいかに筋肉質になったかが分かる。当時の営業利益率は、8.6%だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧