ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外資系投資銀行のエクセル仕事術 ウェブ版
【第3回】 2015年2月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
熊野整

エクセルを使いたければ、
F1キーを抜け!?

previous page
2

F2キーですべての計算の
中身をチェック

 数式が入力されたセルをクリックして[F2]キーを押すと、計算の中身がわかります。ベタ打ち数字のセルであれば計算式が表示されないので、ベタ打ちであることを確認できます。

 以下の図は「G4」のセルで[F2]キーを押したところです。これにより、G5 ×G7 という計算によってG4 の数字が算出されたのだとわかります。この計算がどのセルを参照しているのかがパッとわかるので、数式をチェックするのにとても便利です。


 ちなみに、投資銀行はお金の計算を年がら年中やっているので、そのぶん[F2]キーを押す回数も多くなります。1日に何百回も[F2]を押していると、間違って隣の[F1]を押してしまうことがあります。実を言うと、これがけっこうあるんです。[F1]キーを押すと、図2-9 のようにヘルプ画面が出てきます。この画面がうっとうしいし、いちいち画面を閉じるのも面倒です。


 そこで、冒頭のキーボードの写真のように[F1]キーをキーボードから抜いて、ミスタッチをしてもヘルプ画面が出ないようにするのです。これだけ徹底するあたりが投資銀行らしいですね。特に投資銀行の若手がやっています。みなさんも試しにやってみてください。

previous page
2
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



熊野 整

ボストン大学卒業後、モルガン・スタンレー証券投資銀行本部に入社し、大型M&Aや資金調達プロジェクトをリード。退社後はグロービス経営大学院にてMBA取得、その後、大手上場インターネット企業に入社し、事業責任者として事業計画の立案から戦略遂行までを行う。現在は、スマートニュース株式会社にて、収益計画策定、資金調達、上場準備など財務企画業務全般をリード。「グローバル投資銀行のエクセルスキルを、分かりやすく伝えたい」というモットーの下、2013年10月から週末に個人向けエクセルセミナーを開催したところ、参加者数は1年で3000人を超え、大人気セミナーとなった。現在は、個人向けセミナーに加えて、企業研修も数多く開催しており、多くのビジネスパーソンの収益計画の作成指導を行っている。https://www.facebook.com/simulation2013/

 

 


外資系投資銀行のエクセル仕事術 ウェブ版

『ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術』著者の熊野整による、エクセルと外資系投資銀行の仕事術のあれこれを集めた連載です。

「外資系投資銀行のエクセル仕事術 ウェブ版」

⇒バックナンバー一覧