ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネスで差がつく計算力の鍛え方 「アイツは数字に強い」と言われる34のテクニック 
【第4回】 2013年10月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
小杉拓也 [進学塾 志進ゼミナール代表]

「ざっくり計算」する概算術
ちょっとした工夫で精度が上がる!

1
nextpage

できるビジネスパーソンがやっている瞬時に計算するテクニックを紹介する連載4回目は、ざっくり計算する方法です。『ビジネスで差がつく計算力の鍛え方―-「アイツは数字に強い」と言われる34のテクニック』の著者が解説します。

ざっくり概算する技術を身につけよう

 前回までの記事を読んで、次のように思われた方もいるかもしれません。「暗算も大事かもしれないけど、ざっくり計算する概算ができれば十分なときも多いよ」

 確かにその通りだと思います。
 仕事で計算が必要になる場面で、毎回、必ずしも正しい答えを出さなければいけないかというと、そうではありません。ざっくりとした答えさえ分かっていれば、事足りる場合は多くあります。

 ざっくり計算すれば事足りるのに、正しい答えを求めるために四苦八苦するのはスマートとは言えません。正しい答えが必要なときと概算でよいときを的確に見極めていきたいものです。

 例えば、会議中に「48×27」の大まかな答えを知ることが必要になって、会議の参加者が自力で計算するのをあきらめて電卓を打ち始めたとしましょう。

 その時、あなたが「48×27は約1250ですね」と頭の中で概算して発言できれば、数字に強い印象を周りに与えることができます。

今回は、そんなときに役立つ「高い精度でざっくり計算する方法」を紹介します。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


小杉拓也(こすぎ・たくや)[進学塾 志進ゼミナール代表]

東京大学経済学部卒。IT関連会社を経て、中学受験塾SAPIXグループの個別指導塾の講師へ。その後、プロ家庭教師として独立。常にキャンセル待ちの出 る人気教師となる。2012年2月個別指導塾「志進ゼミナール」を埼玉で開業。塾長として生徒の指導、教室の運営にあたる。指導教科は小学校と中学校の全 科目。特に中学受験対策を得意とし、毎年難関中学に合格者を輩出している。暗算法の開発や研究にも力を入れている。著書は、『この1冊で一気におさらい! 小中学校9年分の算数・数学がわかる本』(ダイヤモンド社)、『2ケタ×2ケタが楽しく解けるニコニコ暗算法』(自由国民社)、『中学受験算数・東大卒プ ロ家庭教師がやさしく教える「割合」キソのキソ』、『この裏ワザでなぜ中学受験に受かるのか』、『中学受験算数・計算の工夫と暗算術を究める』(以上、 エール出版社)。

進学塾 志進ゼミナール(埼玉県志木市):http://kosgi.net/


ビジネスで差がつく計算力の鍛え方 「アイツは数字に強い」と言われる34のテクニック 

電卓を使わずに瞬時に計算ができたら…。それはあなたの「武器」になります。たとえば、営業相手から「89店舗に6台ずつ、君のとこの端末を設置しようと思う」と言われたとき、即座に、「534台ですね! ご注文ありがとうございます!!」と言えたらどうでしょう。相手はあなたを「数字に強い人」「頭の回転の速い人」、ひいては「優秀な人」と思うはずです。この連載では、ビジネスで役立つ「瞬時に計算する技術」を紹介します。

「ビジネスで差がつく計算力の鍛え方 「アイツは数字に強い」と言われる34のテクニック 」

⇒バックナンバー一覧