ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
佐高 信の「一人一話」

産経新聞に『護憲』の広告
前社長 住田良能の男気

佐高 信 [評論家]
【第15回】 2015年2月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

左派系ジャーナリストを口説く
産経新聞社長

 辺見庸と言えば、左派系のジャーナリストで、とても『産経新聞』寄りではない。しかし、その辺見を『産経』の社長だった住田良能が熱心に入社を誘ったと聞いて私は驚いた。

 辺見と私の対話『絶望という抵抗』(金曜日)で辺見はそれを明かしたのだが、「住田さんの誘い方には熱がこもっていて、いまでもよく覚えています。当時の産経は、やはり右寄りなんだけど、たとえば中国当局にべったりだった朝日とは違う独自の報道もしていた」と辺見は語り、「ぼくが中国で国外退去処分を受けて帰国したとき、ぼくの話をきちんと聞き、特集を組んだのは産経だけだったんです。朝日は新華社の引用ばかり」と続けた。

 辺見は共同通信の北京特派員として、1987年に胡耀邦総書記の辞任に関する機密文書をスクープして追放されることになったのだが、結局、辺見は住田の誘いを断る。

「ぼくは古い人間で、会社を替えることには抵抗があったんです。だから断りました。でも住田さんには右左というイデオロギーとは違った次元で、ジャーナリストとしてのパッションを感じていましたし、人間的な魅力もありました。待遇は産経より共同のほうがいいわけです。なのに、共同で記者をしているぼくに『うちに来い』と言うくらいだから、住田さんはぼくを組織人ではなく個として見ていた。つまり、サシでやる気なんです。ぼくのような組織からはみ出す個に対しても、美意識からくる共感があったと思います。ただし、はっきり言っておきますが、最近の産経はダメです。危険な極右紙です。あれじゃ」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

佐高 信 [評論家]

さたか・まこと 1945年山形県酒田市生まれ。評論家、『週刊金曜日』編集委員。高校教師、経済雑誌の編集者を経て評論家に。「社畜」という言葉で日本の企業社会の病理を露わにし、会社・経営者批評で一つの分野を築く。経済評論にとどまらず、憲法、教育など現代日本のについて辛口の評論活動を続ける。著書に『保守の知恵』(岸井成格さんとの共著、毎日新聞社)、『飲水思源 メディアの仕掛人、徳間康快』(金曜日)など。


佐高 信の「一人一話」

歴史は人によってつくられる。ときに説明しがたい人間模様、ふとした人の心の機微が歴史を変える。経済、政治、法律、教育、文化と幅広い分野にわたって、評論活動を続けてきた佐高 信氏が、その交遊録から、歴史を彩った人々の知られざる一面に光をあてる。

「佐高 信の「一人一話」」

⇒バックナンバー一覧