ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

縮む市場で需要喚起を狙う
カメラ各社の新製品ラッシュ

週刊ダイヤモンド編集部
2015年2月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 国内最大のカメラ関連展示会「CP+」が、2月12~15日にパシフィコ横浜で開催された。カメラ各社は毎年、このイベントに合わせて新製品を発表し、今後の戦略を打ち出す。

 デジタルカメラ市場の縮小が止まらない中、最大手であるキヤノンは攻勢に出ている。これまでで最大規模となる13機種を一挙に発表。ローエンドのコンパクトデジカメにミラーレス、さらにデジタル一眼レフもエントリー機から5000万画素の最高機種までそろえた。「フルラインアップの方針は崩さない。プラットホームを下位機種から上位機種まで共通にしており、利益も出ている」と真栄田雅也・キヤノン専務は言う。

 富士フイルムやカシオ計算機など下位シェアのコンパクトデジカメメーカーが、一部事業撤退などに踏み切る例が続く中、キヤノンと共にニコンも従来の“全方位戦略”を変えない。「フルラインアップでそろえることで、アジアなど成長率の高い市場で需要の強い製品も漏らさず供給することができる」(御給伸好・ニコン常務)。

“ネット接続”が決め手に

 一方、家電メーカー系の牙城であるミラーレス陣営にも異変が起きている。

 例えばソニーは、レンズ本数を拡充。合計58本のレンズをそろえ、さらに4本を新発売予定だ。というのも「フルサイズセンサーを搭載したミラーレスに人気が集まっており、ボディにサードパーティ製のマウント互換アダプターを付けて、他社レンズ所有者が使用するケースが増えている」(ソニー)というのだ。一眼レフユーザーはどうしても保有レンズ資産で特定のカメラブランドに“囲い込まれる”という特性があるものの、そうした垣根を越え、さらにソニーのレンズも試すという例も出てきているという。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧