ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
グラフで分析!総選挙を「見える化」する

先送りが続く消費税議論、
マニフェストで各党の見方を確認する

フィルモア・アドバイザリー
【第3回】 2009年7月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

消費税導入の経緯と
その特徴を振り返ると

 いよいよ8月の選挙戦本番に向けて、争点を明確にすべく、各党のマニフェスト、政権公約の公表が始まっています。既に民主党、公明党、社民党等が発表したほか、自民党は今週中にも発表の見込みのようです。

 前回のコラムでも指摘したように、増加傾向にある社会保障費と低迷する景気の中、日本の財政再建は待った無しの状況になってきています。各党のマニフェストや、それに基づく発言の中でも、財政再建への考え方が示されていますが、今回は消費税に関する方針に絞って、確認してみたいと思います。

 歴史を辿ると、日本ではおよそ10年にわたる政治的議論を経て、1989年に消費税が導入されました。その後、村山内閣のもとで5%(うち、地方自治体の取り分としての地方消費税1%)への引き上げが決定、1997年橋本内閣が実施し、現在に至っています。

 まずはその推移と、歳入に占める割合について、下のグラフをご参照ください。右下の「1」、「2」の数字をクリックしながら見比べて頂くと、「1」が「税項目別歳入推移」、「2」が「項目別歳入内訳」(2007年度)となっています。

【出典:財務省/グラフ詳細は左下の「vizoo」マークをクリック!】

 グラフで見て分かることは、まず消費税の重要性とその特徴になります。近年消費税は10兆円超の財源となっており、「所得税」「法人税」と合わせた三大税目の一つとして、今や欠かすことのできない税金であるといえます。

 また、消費税の特徴として、景気の影響を受け難いと言う点が、グラフからも見て取れます。法人税は不況になれば法人の利益の減少に伴って税収も大きく落ち込みますし、所得税も同様に景気の影響を大きく受けます。一方で、生活をするうえで必須な消費は貯蓄を切り崩しても支出しなければならないため、消費税は不況下でも安定して推移をしているのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

フィルモア・アドバイザリー

2006年11月、海外機関投資家向けの独立系リサーチ会社として設立。現在は数値データのグラフ化・共有サイト「vizoo」、グラフ投稿サイト「Figit」の運営を行うほか、メディア向けにグラフを用いた特集記事等を配信。
フィルモア・アドバイザリー


グラフで分析!総選挙を「見える化」する

いよいよ8月末に迫った総選挙。実は候補者個々の発言も、政党マニフェストの内容も、データとグラフを用いることで、より簡潔かつ的確に理解し、考えを深めることが可能になる。独立系リサーチ会社フィルモア・アドバイザリーが、数値データのグラフ化・共有サイト「vizoo」を用いて、今回の争点となる政治、経済のトピックについて、グラフと共に「見える化」する。

「グラフで分析!総選挙を「見える化」する」

⇒バックナンバー一覧