ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
北野正之の“即効GOLFエイド”

【第6回】アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー
Lesson6「目をつぶってシャドースウィングを」

素振りと本番で別人になってしまうのはなぜか

北野正之 [ティーチングプロ]
【第6回】 2008年8月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 スライス、チーピン、ダフリ、トップ、シャンクなど、ゴルフにはさまざまな種類のミスがあり、それらが発生するメカニズムは千差万別です。しかし、共通しているのは「ボールに当てようとする」意識が過剰なこと。当てようとすればするほど、ミスが発生する確率が高くなるのです。

 ゴルファーなら、一度は「素振りはすごくいいのにね……」といった、皮肉を込めたフレーズを言われたことがありませんか。実際のところ、素振りと本番で別人になってしまう人が多いのが現実で、大半のゴルファーは、素振りの段階ではとてもいいスウィングをしています。

 では、なぜ本番になると、別人のようなスウィングになってしまうのでしょうか。それは目の前にボールがあり、そのボールに当てようとするからです。素振りでは、当てようとする意識が働かないために、体の動きがとてもスムーズです。ところが、いざ目の前にボールが現れると、「クラブを振る」という大原則を忘れてしまい、当てようとします。それで、ボディバランスが大きく崩れてしまうというわけです。

当てようとすると体の回転が止まり、スピードが落ちてしまう。このような形になっている人が多い
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

北野正之 [ティーチングプロ]

1966年生まれ。アマチュアゴルファーの観察眼が鋭く、懇切ていねいなレッスンが人気。シェイプアップゴルフ所属。


北野正之の“即効GOLFエイド”

ビジネスマンにとって、ゴルフはビジネスにおいてもプライベートにおいても重要な「コミュニケーションの場」。そこで、初心者でも楽しく効率的に上達できる方法を徹底レッスンします。

「北野正之の“即効GOLFエイド”」

⇒バックナンバー一覧