ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
北野正之の“即効GOLFエイド”

【最終回】アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー
Lesson47「右OBを打った後こそスライサーから脱却するチャンス」

北野正之 [ティーチングプロ]
【最終回】 2009年7月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ティーショットで右OBを打った後、打ち直し(3打目)で、フェアウェイの「右サイド」を狙って打てるかどうか。ここが万年スライサーから脱却するキーポイントです。

 フェアウェイの右側にOBがあるホールでは、「左を向いて、左へナイスショットを打つ」のがセオリーで、最も実践的な方法ですが、OBから逃げているだけでは、持ち球はいつまでたってもスライスボールのまま。現状維持のゴルフはできても、上達は望めません。

 そこで、スライサーから脱却するために、右OBの後に、思い切って「右」を向いて構えるのです。もちろん、そのまま打てばOBの確率が高いので、右を向くのはとても怖いことだと思います。

右を向いて構えると、右OBを回避するための動きを、「体」が自然に行なう。それがスライスから解放される第一歩だ

 ところが、実際にスウィングしてみると、不思議なことが起こります。いつものようにクラブを振ると、右OBになることがわかっているため、体が勝手に反応し、球を引っかけるようなスウィングになるのです。無意識のうちに、フェースのローテーションを大きくしたり、体が早く開くのを我慢したりして、ボールをしっかりつかまえようとします。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

北野正之 [ティーチングプロ]

1966年生まれ。アマチュアゴルファーの観察眼が鋭く、懇切ていねいなレッスンが人気。シェイプアップゴルフ所属。


北野正之の“即効GOLFエイド”

ビジネスマンにとって、ゴルフはビジネスにおいてもプライベートにおいても重要な「コミュニケーションの場」。そこで、初心者でも楽しく効率的に上達できる方法を徹底レッスンします。

「北野正之の“即効GOLFエイド”」

⇒バックナンバー一覧