ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
吉川英一の低位株で資産倍増をめざせ!

年初からの底割れで、思わず買ってしまった低位株

吉川英一 [個人投資家]
【第6回】 2008年1月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 アメリカの景気後退がいよいよ現実となってきた。12月の失業率が5%に上昇し、頼みの綱であった小売り売上高も、半年ぶりに前月比マイナスになった。これを受けて、ニューヨークダウは連日のように、200ドル、300ドルと大幅な下げに見舞われている。

日本株は下げすぎている!

 アメリカ経済は、やりすぎた住宅バブルがはじけているのだから仕方がない。いずれ不良債権の本体からの切り離しと、金融機関の資本増強が図られれば、再び株価は上昇に向かうはずだ。当面は、1月29日、30日に開かれる連邦公開市場委員会(FOMC)での大幅利下げと、バーナンキ氏の手腕に期待したい。

 問題なのは、新年に入って、当のニューヨークよりも日本株の下落率のほうが大きすぎることである。ニューヨークの下落率5%に対して、日本株はなんと11%も下げている。

 これは、もちろん外国人投資家の比率が6割と高いことも一因だろうが、日本は外需依存度が高いと思われていることにも原因があるのではないだろうか。ここのところの円高傾向で、輸出企業の業績が悪化し、日本経済も減速するというシナリオが、どうも多くの投資家の一致した見方のようである。果たしてそうなのだろうか?

円高は、日本に内需拡大をもたらす

 2006年の日本の名目GDPに対する輸出の占める割合は、実はわずか14.8%に過ぎない。他の国々と比較してみれば、その低さがよくわかるはずだ。韓国は37.2%だし、中国も36.9%、ドイツも38.4%と、輸出依存度は日本よりはるかに高いのだ。

 日本は全体の56.5%が民間消費支出であるし、政府消費支出も17.8%を占めている。実は日本は、GDPのうち消費が74.3%を占めている消費大国だったのである。つまり、日本経済にとって悪影響と思われている円高こそが、今後、内需を刺激し、景気持続のカギになる、と私は思っている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉川英一 [個人投資家]

"1957年生まれ。富山県在住の個人投資家。年収360万円から低位株投資で資金を貯めて、アパート経営を開始。株と不動産で増やした資産は約2億円超。マネー誌などで指南役として活躍中。著書に『年収360万円から資産1億3000万円を築く法』『低位株で株倍々!』『不動産投資で資産倍々!会社バイバイ♪』『低位株必勝ガイド』『億万長者より手取り1000万円が一番幸せ!!』『一生お金に困らない個人投資家という生き方』(以上、ダイヤモンド社)、『一生好きなことをして暮らすための 「不労所得」のつくり方』(光文社新書)などがある。


吉川英一の低位株で資産倍増をめざせ!

低位株のカリスマ・吉川英一が、気になる低位株を紹介。注目銘柄がいち早くチェックできる。また、吉川流の中長期的投資テクニックが身につく。

「吉川英一の低位株で資産倍増をめざせ!」

⇒バックナンバー一覧