ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
課長の覚悟
【第3回】 2015年3月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
寺松輝彦

一歩一歩が励みになる小さなゴールを作る
旗を掲げた後にやるべきこと

1
nextpage

連載の第2回で、志を立て、その旗を掲げることの重要性を述べた。しかし「日本一になろう」「地域いちばんの店にしよう」と言うだけでは足りない。部下にとっては自分とどう関係するのか分からないからだ。そこで大事なのは、大きなゴールに到達するための小さなゴールを作ることだ。

志を立てても結果が出ていないのはなぜか?

 いろいろな会社で日本一をめざそうとか、地域ナンバーワンの会社になろうとか、旗を掲げているのに出逢います。

 すばらしいなと思います。しかしその結果が出ているようには思えません。5年経っても5年前となにも変わっていません。それどころか、5年前よりも悪くなっている会社もあります。

 これは旗を掲げても、行動が伴っていないからではないでしょうか。

 旗だけ掲げ、あとは社員任せ、部下任せになっていないでしょうか。

 結論から言えば、きっとゴールが遠すぎるのだと思います。「日本一」といえば、なるほど話が大きくて、旗を掲げたときはワクワクもするでしょう。

 だが、それも少しの間です。いつまでたってもどれだけ努力しても、日本一にはなかなか到達しません。この現実にぶつかると部下はやがてあきらめてしまうのです。

 リーダーがチームのメンバーに「日本一」を叫べば叫ぶほど、しらけきった雰囲気がチーム全体にただよいます。そこに至る行程表がないと、日本一の旗もむなしく見えてきてしまうのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
チームの生産性をあげる。

チームの生産性をあげる。

沢渡あまね 著

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
どんな職場でも働き方は変えられる!人気の業務改善士が教える、仕事の進め方を変えて、アウトプットを最大化する8ステップ。日本マイクロソフト、ヤフー、日本旅行、ナムコ、NTTデータ、大阪王将、ジヤトコ…他、企業事例多数!「働き方改革」実践書の決定版!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、7/2~7/8)



寺松輝彦 

福岡県生まれ。早稲田大学文学部英文学科卒業。(株)社員教育研究所にて、営業、教育教材開発、研修プログラム開発、主任講師、子会社経営などを経て、1988年より(株)コスモ教育の代表取締役。(株)アイウィル主任講師、中小企業大学校(経産省管轄)の講師等を務める。ほか、各企業の社員研修や、多数の商工会議所、県商工会連合会、経営者協会等のセミナーにて講演。
著書に『できる新入社員になる!』(ダイヤモンド社)『主任係長実力アップクイズ40』(PHP研究所)『技術者が営業をきわめる本』(PHP研究所)がある。


課長の覚悟

課長はもっともプレッシャーを受けるポジション。リーダーシップをとり、部門の成果を上げなければならない。そのためにどう考え、何をしなければならないか、どう行動するか、3万人を超える管理者を育てたベテラン研修講師が実際に経験したエピソードを交えながら、具体的な方法と言葉がけをアドバイス。現場のリアルな悩み解消に役立ちます!

「課長の覚悟」

⇒バックナンバー一覧