ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ほぼみんな定時退社で伸びる会社 ランクアップ岩崎裕美子

ほぼ全員定時退社で年商約60億円稼ぐ会社の秘密

岩崎裕美子 [株式会社ランクアップ 代表取締役]
【第1回】 2015年3月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ほぼ全員が定時退社する会社、ランクアップの社員全員集合。社員の9割が女性、ワーキングマザーも社員の3割超を占めている

 「残業しないで売上を上げるってすごいですね」と、よく言われます。

 私が代表を務める株式会社ランクアップは、「ほぼみんな定時退社なのに9年連続で売上を上げている」ことが話題になり、最近では日経ビジネスや朝日新聞をはじめ多くのメディアで取り上げられるようになりました。

 みなさんのまわりにも、残業しないように工夫しているのに、なかなか残業が減らなくて困っているという会社はありませんか?

 実は、うちの会社も同じでした。

 早く帰るように社員には何回も言うのですが、なかなか定時ぴったりに帰れなかったんです。

 それがなんと!2011年に導入した「17時に帰っていいよ」という制度のおかげで、17時に帰れる会社に変わったのです。

 うちの会社の就業時間は、朝8時半から17時半ですが、仕事が終わったら17時に帰っていいことにしました。

 社員からしたら、17時に帰っても17時半に帰っても、給料は一緒なので、早く帰らないと損した気分になるんですよね。おかげで、17時ぴったりに帰る社員が続出しました(笑)。

 でも、経営者からすると、まったく残業しなくなってしまったら売上が落ちるんじゃないか?と思いませんか?しかも私たちの会社は、創業してからずっと、売上に困ったことが1度もなく、売上を上げ続けていたので、私も実のところ、残業しなくなって「売上が落ちたらどうしよう」と不安でした。

 ところが、そんな心配をよそに、残業は減ったのに、売上は上がりました!

 なんと制度を始める前の売上は22億円でしたが、始めた年度は売上が31億円と、なんと対前年140%も売上が増えたのです。

 それからも、もちろん売り上げは上がり続けています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岩崎裕美子 [株式会社ランクアップ 代表取締役]

1968年2月8日生まれ。北海道出身。藤女子短期大学卒業後、大手旅行代理店に入社。その後、複数の広告代理店を経て、2005年にマナラ化粧品を開発・販売する株式会社ランクアップを設立。代表商品「ホットクレンジングゲル」は発売から9年で400万本を突破。2014年には、通信販売業界初の東京ワークライフバランス企業に育児・介護部門で認定。女性が日本一働きやすい会社を目指し、会社の仕組みや制度の整備にも力を入れている。

 


ほぼみんな定時退社で伸びる会社 ランクアップ岩崎裕美子

残業しないように工夫しているのに、なかなか残業が減らない会社は少なくありません。また残業をしなくなれば、売り上げが下がるのでは?という不安もあります。しかし、残業をせずとも売上を伸ばし続ける方法はあるのです。この連載では、社員のほぼ全員が17時に帰宅しながら、年商約60億円を稼ぐランクアップの岩崎裕美子社長がその秘密を明らかにします。

「ほぼみんな定時退社で伸びる会社 ランクアップ岩崎裕美子」

⇒バックナンバー一覧