ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む

戦略的な公的補助で、製造業の介護サービスへの参入を促進せよ!

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第34回】 2009年8月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 介護費用の大部分は、保険と公費で賄うことになっている。これが介護に関する現在の日本の基本思想である。

 介護保険においては、費用の1割を利用者が負担する。残りの9割は公費と保険料で賄われ、その比率は50%ずつである。具体的には、国25%、都道府県12.5%、市区町村12.5%、第1号被保険者保険料19%、第2号被保険者保険料31%が原則とされている。なお、現行の65歳以上の平均保険料は月4090円で、制度発足当初の月2911円の4割増になっている。

 ただし、2006年の改正で、介護保険施設にかかる費用に関しては、国20%、都道府県17.5%の負担としている。介護保険施設の指定・開設権限が都道府県にあるため、権限者の負担を多くすべしと考えられたためである。

公的主体の関与が必要になる理由

 一般に、市場ではなく公的主体が提供すべきサービスは、数多くある。なぜ公的主体が提供しなければならないかの理由は、つぎのようにいくつかある。

 第1は、費用を払わない人をサービスの享受から排除できない場合だ。たとえば、防衛、警察、司法などがそれにあたる。これらは「公共財」と呼ばれるカテゴリーであり、私的主体では費用を回収できないので、政府が提供せざるをえない。

 第2のカテゴリーは、「外部経済」と呼ばれるものが存在する場合だ。たとえば、教育から生じる利益は、教育を受けた人だけでなく、社会一般に及ぶ。しかし、教育を受ける人は自分の利益に相当する費用しか払おうとしない。したがって、供給を市場にまかせると、過少供給になる。医療サービスについても、同じことが言える。これとは逆に、社会一般に対して負の便益が生じる場合を、「外部不経済」が存在するという。外部経済・不経済効果がある場合には、市場は最適な資源配分を実現しないので、政府の関与が必要になる。

 ところで、介護については、こうした側面はない。それにもかかわらず介護サービスの供給を完全に市場にまかせられない理由は、つぎのとおりだ。

 第1に、提供されるサービスの内容を、あらかじめ判断することが難しい。これは、「情報の非対称性」と言われる問題である(サービスの供給者はサービスの内容を知っているが、サービスの需要者が知らないため、こう呼ばれる)。こうした問題がある場合にサービス供給を市場にまかせると、サービスの質が低下するおそれがある。したがって、介護サービスの内容について、公的主体がなんらかの関与をする必要がある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
消費税だけでは財政再建できない!「日本を破滅から救うための経済学」

経済論争の最大のトピック=デフレ問題から、赤字国債発行の問題点、年金の破綻、消費税増税、円安誘導の為替政策まで、主要論点を網羅。いずれのテーマでも、通説と一線を画す内容に驚愕すること必至。綿密なデータの読み込みに裏付けられた、野口教授のマクロ経済政策論!1680円(税込)

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む

突如として世界中を襲った経済危機。激流に翻弄される日本経済はどうなってしまうのか? なすべき対策はあるのか? 100年に1度の未曾有の事態を冷静に分析し、処方箋を提示する野口悠紀雄の緊急連載!

「野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む」

⇒バックナンバー一覧