ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今までで一番やさしい経済の教科書[最新版]
【第4回】 2015年3月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
木暮太一

アベノミクス「3本の矢」って結局何だったの?
今さら知らないとは言えないアベノミクスの話

1
nextpage

アベノミクスの経済政策として話題になった「3本の矢」。はたして効果はあったのだろうか? 景気回復がなかなか実感できない今こそ、政策の中身と狙いについて改めて考えてみよう。新刊『今までで一番やさしい経済の教科書[最新版]』の著者・木暮太一氏が、どんな経済オンチでも一発でわかるように解説する。

アベノミクスでは何をやっていた?

木暮太一(こぐれ・たいち)
経済ジャーナリスト、一般社団法人 教育コミュニケーション協会 代表理事。慶應義塾大学 経済学部を卒業後、富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートを経て独立。相手の目線に立った話し方・伝え方が、「実務経験者ならでは」と各方面から高評を博し、現在では、企業・団体向けに「説明力養成講座(わかりやすく伝える方法)」を実施している。フジテレビ「とくダネ!」(木曜レギュラーコメンテーター)、NHK「ニッポンのジレンマ」、Eテレ「テストの花道」などメディア出演多数。『カイジ「命より重い!」お金の話』『超入門 資本論』など著書多数、累計120万部。

 今回は、アベノミクスの政策、つまり“3本の矢”である「金融緩和」「財政出動」「成長戦略」の3つの作戦について解説していきます。

 あれ? 第1回2回3回で出てきた「金融政策」「財政政策」とは違う内容?

 いえ、同じです。ここが混乱を招くこところですね。結論から言うと「金融緩和」は「金融政策の一種」です。

 「金融政策」には、景気を良くする「金融緩和政策」と、景気を落ち着かせる「金融引き締め政策」の2種類あります。アベノミクスでは、そのうちの「金融緩和政策」をやりますよ、ということなので、大きく言うと「金融政策」、細かく言うと「金融緩和政策」を実施しているということなんです。

 なるほどね、じゃあ財政出動は?

 これも同じです。財政政策にも景気を良くさせる政策と、逆に景気を落ち着かせる政策の2方向があります。そのうちの「景気を良くさせる政策」のことを「財政出動」というんです。

 話を戻しますね。安倍首相が掲げたアベノミクスという政策では、この「金融緩和」「財政出動」「成長戦略」の3つの作戦を使って、景気を良くしようとしていました。

 っていうか、金融政策と財政政策って、普段やっている作戦と同じじゃない?

 あ、気づいちゃいました? そうなんです。いつもの作戦と同じなんです。“アベノミクス”という名前を付けているので、さも新しいウルトラCの作戦かと思いきや、(良くも悪くも)定番の政策を実施しているだけ、というのが実際のところです。

 ただ、普段の政策とすべてがまったく同じなわけではありません。“アベノミクス”にも特徴があります。

 特徴って、なに?

 大きな特徴は二つあります。一つは、「インフレ2%を目標!」と数値化させて明確にしたこと。もう一つは、「人々の期待に訴えたこと」です。

 インフレ2%? 期待に訴えた?? 全然わからないんですけど……。

 これだけではまったく意味がわからないと思います。一つずつ説明していきますね。まずは「インフレ2%を目標」についてです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    一流の磨き方

    一流の磨き方

    浜野安宏 著

    定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    「一流」とは、上流でも、中流でも、下流でもない。お金で買える高級品でもない。一流とは「とらわれない力」であり、孤独であり続ける力。膨大な「経験」に裏打ちされて、しっかり底光りするものであり、仕事や遊びの時間と質が、人を本物へと磨き上げるものである。

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    木暮太一 

    [作家、一般社団法人 教育コミュニケーション協会 代表理事]

    慶應義塾大学経済学部を卒業後、富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートを経て独立。
    学生時代から難しいことを簡単に説明すること、頭の中を言語化することに定評があり、大学時代に自作した経済学の解説本が学内で爆発的にヒット。現在も経済学部の必読書としてロングセラーに。相手の目線に立った話し方・伝え方が、「実務経験者ならでは」と各方面から好評を博し、現在では、企業・団体向けに「説明力養成講座」を実施している。フジテレビ「とくダネ!」レギュラーコメンテーター、フジテレビ「ネプリーグ」、NHKEテレ「ニッポンのジレンマ」「テストの花道」などメディア出演多数。
    著書に『「自分の言葉」で人を動かす』(文響社)、『カイジ「命より重い!」お金の話』(サンマーク出版)、『今までで一番やさしい経済の教科書』(ダイヤモンド社)など多数があり、累計150万部。


    今までで一番やさしい経済の教科書[最新版]

    学生から主婦まで幅広く支持されて10万部突破!「これならわかる!」と大反響だった経済入門書の決定版が全面リニューアルしました。アベノミクス、金融政策、消費増税、円安、デフレ、年金・社会保障、格差問題など、最新のトピックスを加えた最新版。これまで経済のことをちゃんと勉強してこなかった人に最適な1冊です。この連載では、本書から一部を抜粋して紹介します。

    「今までで一番やさしい経済の教科書[最新版]」

    ⇒バックナンバー一覧