ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
持続的成長への挑戦:組織の自己変革力とは何か

ゴールのない目標をいかに浸透させるか
三菱ケミカルHDの「KAITEKI」活動

三菱ケミカルホールディングス常務執行役員・田中良治×松江英夫 対談(後編)

松江英夫 [デロイト トーマツ コンサルティング パートナー/中央大学ビジネススクール大学院戦略研究科客員教授]
【第8回】 2015年5月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

構造改革を経て多くの日本企業が過去最高益を記録している。とはいえ、未来に目を向ければ「持続的成長の実現」は依然として大きな課題だ。そして、持続的成長を可能にする鍵は、時代を先取りして自らが変革し続けることができるかどうか、すなわち組織の「自己変革力」である。経営の最前線で果敢に挑み続ける経営トップとの対談を通じ、持続的成長に向けて日本企業に求められる経営アジェンダと変革の秘訣を解き明かす。
連載第8回は、前回に引き続き、三菱ケミカルホールディングスの常務執行役員である田中良治氏に「KAITEKI」というコンセプトをいかに組織に浸透させているか、その取り組みについて聞く。

国や地域によって異なる「KAITEKI」の浸透度

松江 経営トップの発想をいかに現場に、特に、歴史が違う多様な事業子会社にどう浸透させていくかが、大きな課題ではないかと思いますが、そのあたりの浸透度はどうご覧になっていますか。

田中良治(たなか・りょうじ)
三菱ケミカルホールディングス常務執行役員。2013年4月より、経営戦略室長兼グループ基盤強化室(エリア戦略、マーケティング、自動車関連事業推進)担当。

田中 実際、課題は多いです。浸透させるための施策をもっともっと行っていかなければならないと思っています。国内ではいろいろな部署の従業員と話をする機会があるので、どこまで浸透しているか実感しやすいのですが、「腹落ち」という意味ではかなり個人差があります。

 一方、海外で理解が早いのはヨーロッパですね。ルーサイト・インターナショナル(以下、ルーサイト)の幹部に「KAITEKI」を説明したことがありますが、説明が終わった瞬間に幹部同士で議論を始めていました。ヨーロッパの人にとってはわかりやすいコンセプトなのでしょう。驚くぐらい理解が早かった。むしろ、「日本企業もようやく俺たちと同じレベルにきたか」という感じでした(笑)。

松江 欧州の文化的な素地や、サステナビリティというコンセプトに対する理解の違いもあるのでしょうか。

田中 あると思います。個人差は別にして、ヨーロッパのマネジメント層の人たちのサステナビリティに対する理解は深い。「KAITEKI」は、サステナビリティがベースだから、何をしなければならないか、テーマがすぐ出てくるわけです。

 特にルーサイトは、われわれのグループの一員になって、「KAITEKI」を中心に据えて事業をやっていこうとなったとき、サステナビリティの観点でやりたいことがたくさんあるわけです。もちろん、われわれのメッセージは、MOEで成果を出すことを求めますが、それだけではありませんから。50年、100年先も見据えながら事業をやろうというメッセージです。それはすごく前向きです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

松江英夫 [デロイト トーマツ コンサルティング パートナー/中央大学ビジネススクール大学院戦略研究科客員教授]

デロイト トーマツ コンサルティング パートナー Strategy&Operationsリーダー。中央大学ビジネススクール大学院戦略研究科客員教授(「実践・変革マネジメント論」)、事業構想大学院大学客員教授。「経営変革」に関わる戦略・組織領域のテーマ(成長戦略、M&A、イノベーション、グローバル組織再編)などを多数展開。主な著書に『自己変革の経営戦略 - 成長を持続させる3つの連鎖』『ポストM&A成功戦略』、共著に『クロスボーダーM&A成功戦略』(いずれもダイヤモンド社)など。

 


持続的成長への挑戦:組織の自己変革力とは何か

構造改革を経て多くの日本企業が過去最高益を記録するが、未来に目を向ければ、持続的成長を実現する取り組みはまだ始まったばかりだ。持続的成長を可能にする鍵は、時代を先取りして自らが変革し続けることができるかどうか、すなわち組織の「自己変革力」である。多数の企業変革に関わってきたデロイト トーマツ コンサルティング パートナーの松江英夫が、経営の最前線で果敢に挑み続ける経営トップとの対談を通じ、持続的成長に向けて日本企業に求められる経営アジェンダと変革の秘訣を解き明かす。

「持続的成長への挑戦:組織の自己変革力とは何か」

⇒バックナンバー一覧