ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

特定の目的の集積から共通の善を生み出す

上田惇生
【第70回】 2008年6月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
マネジメント・フロンティア
ダイヤモンド社刊
2300円(税別)

 「新たな多元社会にあっては、個々の組織は、自らの目的こそ、最も重要な中心的目標であると見る。大学が機能するには、教育と研究をもって、良き社会をつくるもの、良き市民をつくるものと見なければならない」(『マネジメント・フロンティア』)

 だがそれらの目的の一つひとつは、相対的な善の一つであるにすぎない。絶対的な善ではない。

 一つひとつの目的は、確かに重要であり、不可欠でもある。しかしながら、共通の善の一つの側面でしかない。

 一つひとつの目的は、他に考慮すべき要件によって限定され、比較考慮され、時として下位に置かれる。われわれはそれら特定の目的の集積から、共通の善を生み出していかなければならない。

 組織の目的は組織の外にしかない。たとえば顧客や市場である。病院の業績とは、満足した看護士ではなく、病の癒えた患者である。企業の業績とは、いかにそれが望ましいことであろうとも、従業員の幸福ではない。製品に満足して再注文してくれる顧客である。

 「新たな多元社会は、次のような問題を提起する。すなわち社会が個々のパワーセンターによって構成され、それらのパワーセンターすべてが、共通の善ではなくそれぞれ特定の目的にのみ関心を抱くとき、いったい誰が公共の利益に責任をもって取り組むのかとの問題である」
(『マネジメント・フロンティア』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧