ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
絶体絶命でも世界一愛される会社に変える!――2代目女性社長の号泣戦記
【第21回】 2015年4月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
石坂典子 [石坂産業株式会社 代表取締役社長]

オーストラリアから見える
日本人の常識・非常識
【小島慶子vs石坂典子 壮絶本音対談2】

1
nextpage

親子関係に悩み、仕事と子育てに忙殺されるなか、かたや不安障害を発症し、かたや家庭を崩壊させる。
著書『解縛(げばく)』で「不安障害」と「摂食障害」の半生をカミングアウトした小島慶子。
ダイオキシン騒動後に窮地に陥った会社を建て直した処女作『絶体絶命でも世界一愛される会社に変える!』が話題になり、TBSテレビ『夢の扉+』出演で大反響を呼んだ石坂典子。1972年生まれ同士の「壮絶本音対談」第2回をお届けする。(構成:橋本淳司)

ゴミを減らすには「ゴミ」と認定しないこと

小島慶子(こじま・けいこ)
タレント、エッセイスト。1995年、TBSに入社。アナウンサーとしてテレビ・ラジオに出演。99年に第36回ギャラクシーDJパーソナリティー賞を受賞。2010年にTBSを退社後、タレント、エッセイストとして活躍。著書には、夫が退職し、オーストラリアに移住したことが書かれた『大黒柱マザー』(双葉社)など多数。小説『わたしの神様』(幻冬舎)が4月30日に発売予定。

小島 私たちが生きている限りゴミが出ますよね。よくよく考えると、さっきまで愛用していたものでも、ちょっと古くなったと思ったり、汚れちゃったなと思ったりして、「いらない」と判断した瞬間にゴミになる。
 ゴミを捨てると、自分の目の前からは消えるけれど、同じ空の下にいる誰かが片づけなくちゃならない。街中で清掃業者の方を見かけますけど、あの人たちがいないと、街はゴミだらけになっちゃう。そう思うときに、自分にはその仕事ができるか? といつも苦しい気持ちになります。片づける人たちがいるから、私はゴミのことを忘れていられるんです。

石坂 まさにそうですね。

小島 人類が今のペースで生活を続けると資源不足になるのは明らかで、2030年には地球2個分の資源が必要になるそうですね。個人でできるリサイクルには限度があります。だったらどんな人が、どんなふうにリサイクルしているのか知らないと、永遠に「他人事」になってしまうんです。
 石坂さんの『絶体絶命でも世界一愛される会社に変える!』を読んで、初めて産廃業界の現場のことを具体的に知ることができました。

石坂 ありがとうございます。石坂産業では、受け入れた産業廃棄物の95%を減量化リサイクル化しています。ここまでリサイクル化率を上げるのは、埋め立てをする廃棄物を少しでも減らしたいという想いがあるからです。
 一度埋めた廃棄物は、土地の中にずっと残ります。国土の狭い日本で、今後も際限なく埋め立て続けるのは至難の業でしょう。さらに土壌を汚染する原因になるときもあります。だからこそ、埋め立てる廃棄物は最小限にしたい。土地を汚さない、埋め立てさせないという目的が、結果としてリサイクル化率を高めています。

小島 そもそもゴミって、自分が「これはゴミだ」と決めた瞬間にゴミになるんですよね。
 たとえば、着なくなった服を捨てようと思ったらゴミ。でも、古着のオークションサイトに出そうと思うと見方が変わるんです。私にとってはいらないものだけれど、誰かにとっては価値あるものと考えると、きちんと洗濯してアイロンをかけたりと、明らかに扱いが変わります。
 ゴミをなくそうと思ったら、いらないものが手元に発生したときに、それをゴミと思うのか、それとも自分は使わなくなったけれど誰かが使えるものと思うかで、廃棄物に対する態度が変わると思う。不要なものをゴミと認定しないことが、結果としてゴミの減量になるんじゃないか、と。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


石坂典子 [石坂産業株式会社 代表取締役社長]

1972年、東京生まれ。埼玉県入間郡三芳町にある産業廃棄物処理会社・石坂産業株式会社代表取締役社長。米国に短期留学後、創業者である父の会社に入社。 1999年、所沢市周辺の農作物がダイオキシンで汚染されているとの報道を機に、言われなき自社批判の矢面に立たされたことに憤慨。

「私が会社を変える!」と父に直談判し、2002年、2代目社長に就任(取締役社長)。「社員が自分の子どもも働かせたい」と言える企業づくりを目指し、荒廃した現場で社員教育を次々実行。それにより社員の4割が去り、平均年齢が55歳から35歳になっても断固やり抜く。結果、会社存続が危ぶまれる絶体絶命の状況から年商41億円に躍進。

2012年、「脱・産廃屋」を目指し、ホタルや絶滅危惧種のニホンミツバチが飛び交う里山保全活動に取り組んだ結果、日本生態系協会のJHEP(ハビタット評価認証制度)最高ランクの「AAA」を取得(日本では2社のみ)。2013年、経済産業省「おもてなし経営企業選」に選抜。同年、創業者の父から代表権を譲り受け、代表取締役社長に就任。 同年12月、首相官邸からも招待。2014年、財団法人日本そうじ協会主催の「掃除大賞」と「文部科学大臣賞」をダブル受賞。トヨタ自動車、全日本空輸、日本経営合理化協会、各種中小企業、大臣、知事、大学教授、タレント、ベストセラー作家、小学生、中南米・カリブ10か国大使まで、日本全国だけでなく世界中からも見学者があとをたたない。『心ゆさぶれ! 先輩ROCK YOU』(日本テレビ系)にも出演。 新聞・雑誌・テレビなど多数のメディアでもとりあげられている。 「所沢のジャンヌ・ダルク」という異名も。現在2児の母。本書が初の著書。


絶体絶命でも世界一愛される会社に変える!――2代目女性社長の号泣戦記

トヨタ、全日空、日本経営合理化協会、滝川クリステル氏、中南米・カリブ10か国大使……今、世界中が注目の経営者、初の著書!なぜ、「産廃屋」にホタルがいるのか? 「脱・産廃屋」へしがらみをキッパリ捨て、父や社員と格闘。見捨てられた里山を宝の山にし、全国から見学者が殺到中!「お試し社長」の期限は1年間!成果を挙げられなければ、即解任!失意のどん底から、社員の心を変え、会社をどう変えたのか?

「絶体絶命でも世界一愛される会社に変える!――2代目女性社長の号泣戦記」

⇒バックナンバー一覧