ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

新聞への公的支援は必要か?
日経新聞赤字転落で考えた

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第54回】 2009年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 これまで本コーナーでは何度かに渡り、米国の新聞が直面する危機的な状況(読者離れと広告離れ)について説明してきました。それに対して、新聞社は基本的に自助努力で乗り切ろうと頑張っているのですが、米国の連邦議会では、例えば新聞社のNPO化による税制上の優遇や、独占禁止法の緩和による業界再編の促進などの救済策が議論されています。米国では、新聞危機は社会的な問題にまでなっているのです。

日本でのおバカな議論

 もちろん、新聞危機の状況は日本でも変わりません。相対的に盤石に見えたあの日経新聞ですら、2009年6月中間期の連結決算では赤字に転落しました(2000年12月期の連結決算開示後、中間期としては初の赤字)。今や日本のすべての新聞社が苦しんでいると言っても過言ではないでしょう。

 そうした中、8月下旬の毎日新聞にすごい論調が出ました。“メディア政策:新政権に望む 「表現・報道の自由」規制、デジタル社会、そして…”という特集の中で、ある高名なジャーナリストの方が以下のように述べているのです。

 「日本では社会文化政策として新聞ジャーナリズムの公的な支援論議はほとんどされてこなかったが、いまこそ始める時ではないか。」

 「欧米の政策を参考にした税制上の優遇や、教育文化政策の一環として、ジャーナリズムの社会的な重要性を学ぶためのカリキュラムを強化したり、義務教育が終了する15歳を機に新聞の1年間無料配布を検討してもいい。年500億円で足りよう。」

 これを読んで、皆様はどう思われますか? 私は、「うーん」と唸ってしまいました。すごく甘えているからです。

 この方も最初にコメントしているように、民主主義社会ではジャーナリズムは不可欠です。それは間違いありません。ただ、新聞が現在直面している危機の本質は、インターネットの普及という環境変化に伴って新聞のビジネスモデルが時代遅れになったということです。読者数の減少や広告の減少は、その結果でしかありません。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧