ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SPORTS セカンド・オピニオン

錦織圭がクレーコートの
バルセロナ・オープンを連覇した意義とは

相沢光一 [スポーツライター]
【第345回】 2015年4月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 錦織圭が、またもや朗報をもたらしてくれた。スペインで行われたバルセロナ・オープン決勝でパブロ・アンドゥハール(スペイン)を6-4、6-4のストレートで下し優勝。同大会の連覇を達成した。

 この優勝は2月のメンフィス・オープンに続いて今季2度目。また、ATP(男子プロテニス協会)ツアーでの優勝は9度目となり、これは女子のクルム伊達公子が持っていた8度を抜き日本人最多記録を更新したことになる。

 こうした記録面での快挙とは別に、この優勝には大きな意味がある。それはクレーコートでの大会を連覇し、錦織がその戦い方を手の内に入れたことだ。

勝敗を大きく左右する
サーフェスの基礎知識

 テニスコートの表面の材質をサーフェスというが、サーフェスによってワンバウンドしたボールのスピードの落ち方や跳ね方が異なる。選手のプレースタイルによって有利不利、得手不得手があるのだ。

 サーフェスについては、テニス経験者やATPツアーを熱心に観ている人は先刻ご承知で「何を今さら」と言われそうだが、詳しくない人には今後の錦織のプレーを観るうえでは欠かせないポイントなので、簡単に紹介しておこう。

 ATPツアーの大会で使われるサーフェスは3種類。ハード、クレー、グラス(芝)で、その特性にはこんな違いがある。

●ハードコート
 セメントやアスファルトを基礎にし、その表面を合成樹脂などでコーティングしている。コーティングの材質によっても固め、柔らかめの違いはあるが、総じて固いため、ワンバウンド後の球速はあまり落ちず、ボールが高く跳ねる傾向がある。また、ボールがイレギュラーバウンドしないのも特徴。速いサービスやストロークなどスピードを持ち味とする選手に有利だ。シューズのグリップが良いため、選手の体に与える負担は大きく、タフであることも求められる。4大大会(グランドスラム)では全豪オープンと全米オープンで採用されている。

●クレーコート
 クレーとは土のこと。土を固めた基礎のうえにさまざまな材質の砂を敷いたサーフェス。ATPツアーではアンツーカー(高温で焼いたレンガなどを粉砕した赤土)を使ったレッドクレーを採用している大会が多い。土がボールの勢いを吸収するため、バウンド後は球速が落ちると同時に高く弾む。そのため高速サーブもリターンしやすくなる。また、イレギュラーバウンドも多い。ラリーが長くなる傾向もあり、ストロークが正確で緻密な組み立てができる選手に有利。また、足がスライドするため、特有のフットワークが必要になる。4大大会では全仏オープンで採用されている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相沢光一 [スポーツライター]

1956年埼玉県生まれ。野球、サッカーはもとより、マスコミに取り上げられる機会が少ないスポーツも地道に取材。そのためオリンピックイヤーは忙しくなる。著書にはアメリカンフットボールのチーム作りを描いた『勝利者』などがある。高校スポーツの競技別・県別ランキングをデータベース化したホームページも運営。 「高校スポーツウルトラランキング」


SPORTS セカンド・オピニオン

サッカーから野球、大相撲や陸上に至るまで、あらゆるスポーツニュースを独自の視点で解説!スポーツニュースの「セカンド・オピニオン」を目指します。

「SPORTS セカンド・オピニオン」

⇒バックナンバー一覧