ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ネットジャーナリズムの光と影 奥村倫弘

ニュースアプリは本当に価値ある情報を流せているか

奥村倫弘 [ワードリーフ 代表取締役社長]
【第1回】 2015年5月14日
1
nextpage
スマホアプリでニュースをチェックするのは、今や当たり前だが…

 電車に乗っていると、多くの人たちがニュースアプリを使ってニュースをチェックしているのを見かけます。30~40歳代の人だと、新聞を広げてニュースを読む光景は馴染みでしたが、両腕を広げなくても手のひらのなかでニュースが読めるようになりました。

 また、ここ数年のうち、その手に握られているスマートフォンにも変化がありました。少し前は、SafariやGoogle Chromeといったスマートフォンのウェブブラウザを使ってニュースを読むのが常だったのですが、アプリを使ってニュースを読む人たちが増えてきたのです。2012年12月に「スマートニュース」が、翌年1月には「グノシー」が登場しました。本当、つい最近のことですね。2015年現在、前者は「ついに1000万ダウンロード突破!」、後者は「900万ダウンロードを突破」とうたい、破竹の勢いを強調しています。

 これら2つのアプリのほか、Yahoo!ニュースアプリやLINE NEWSアプリ、NewsPicksアプリも含め、「誰がヤフトピを倒すのか?」「ダウンロード数はどのサービスが一番なのか?」といった商業上の競争とその勝者を追いかけるニュースが日々伝えられています。この動向に注目するのは、メディアやマーケティングの関係者らで、この競争を「ニュースアプリ戦争」と呼ぶ向きもあるようです。

 もちろん、ビジネスとしてニュースアプリを展開する以上、商業上の成功は避けて通れないポイントですが、ダウンロード数だけでなく、「どのアプリが最も有益な情報を流しているのか?」という観点からはほとんど語られていないことも事実で、「ネットジャーナリズムの光と影」を語るうえで、無視できないポイントです。“ネットジャーナリズム”に何が起きているのか? 少しのぞいてみることにしましょう。

「ニュースを選ぶ側」から
「ニュースを作る側」になって見えたこと

 私は、今、長く務めたヤフー・トピックスの編集責任者の座を退いて、THE PAGEというニュース解説サイトの運営をしています。それ自体は、普通のサラリーマンにある人事異動なのですが、ネットニュースにおいて果たす役割がまったく違うものになることは、はじめから意識をしていました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

奥村倫弘[ワードリーフ 代表取締役社長]

1969年大阪府生まれ。'92年、読売新聞大阪本社入社。福井支局、奈良支局、大阪経済部を経て、'98年、ヤフー株式会社入社。R&D統括本部編集本部本部長を務め、2013年より、同年スタートしたニュースサイト「THE PAGE」の運営会社であるワードリーフ株式会社の代表取締役社長を務める。


ネットジャーナリズムの光と影 奥村倫弘

インターネットの発達とスマートフォンの普及で、私たちのニュースとの接し方は大きく変わりました。しかし、今あなたの見ている記事は本当に価値がある情報と言えるのでしょうか?この連載では、元ヤフートピックス長を務め、現在ではニュースサイト「THR PAGE」の運営を行うワードリーフ代表・奥村倫弘さんが、ネットジャーナリズムの光と影を解説します。

「ネットジャーナリズムの光と影 奥村倫弘」

⇒バックナンバー一覧