ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

「牛肉禁止令」でムンバイ駐在員妻たちに広がる恐怖

週刊ダイヤモンド編集部
2015年5月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
インドでは、先進国のような感覚で牛肉を食べられないが、なぜか牛乳や乳製品の消費は盛んである
Photo by Hitoshi Iketomi

 経済成長著しいインド最大の商業港湾都市ムンバイで、20年ぶりに復活した「牛の屠殺禁止令」(牛肉禁止令)が波紋を呼んでいる。

 この3月4日に大統領府で即日発効した牛肉禁止令から2カ月後の5月5日には、イスラム教徒が中心の食肉販売業者などが大規模な反対集会を開いたばかり。

 2014年5月に発足したナレンドラ・モディ政権の母体は、ヒンズー教至上主義のインド人民党で、牛を神聖な動物と崇めることから、牛肉を食べるという文化の撲滅を図りたいと考えている。

 だが、現地では、「牛肉を食べるムスリムへの嫌がらせがそもそもの狙い」ともささやかれている。

 もっとも、とばっちりを受けているのは、牛肉も豚肉も食べる外国人で、駐在員とその家族の間には動揺が広がっている。

 それもそのはず、この禁止令を要約すれば、「牛の屠殺のみならず、売り買いしたり、持っていたりするだけで、『6カ月以上、5年以下の禁錮刑(保釈なし)』または『1000ルピー以上、1万ルピー以下の罰金刑』が科される」(現地駐在員)という厳しい内容だからだ。

 まるで、覚せい剤などの麻薬の取り締まりのように厳格で、一切の抗弁を許さないマハラシュトラ州政府の姿勢が駐在員妻たちを、恐怖のどん底に陥れている。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧