経営 X 人事

「戦略人事が具体的に行うべき9つのこと」より、今回は、(6)「人を発掘し、育て、活かす」ことから、具体的に社長を育てる方法について解説します。

「人を発掘し、育て、
活かす」後編

 「一番できる人」を育てるために、より具体的にはどうしたらいいのでしょうか。

 多くの企業では、部長や課長を育てる研修をしていますが、当社では、「社長」を育てる研修をしていることは、第4回でも述べた通りです。

 少しおさらいすれば、部長や課長を育てるのと、社長を育てるのでは、実は全く異なります。

 極端な言い方をすると、部長や課長は、“決まったことを忠実に実行する人たち”です。これに対し社長は、“自分で考えて決断し行動する人、新しいアイデアを考えて、変革を起こす人”。

 日本の場合、決まったことを忠実に実行する人は、たくさんいます。
しかし、自分の頭で考えリスクをとって行動を起こせる人は、あまりいません。ですから、社長になる人は、育てるしかないのです。

サッカーから学んだ
リーダーシップ研修の構造

 社長を育てるために当社が行っているのが、「リーダーシップ研修」です。

 LIXILのリーダーシップ研修には、
○部長クラス以上向けを対象にしたエグゼクティブコース(Executive Leadership Training)
を筆頭に、
○課長クラス向けのシニアコース「Senior Leadership Training」
○管理職直前の社員向けのジュニアコース「Junior Leadership Training」
○新入社員も含めた一般社員向けのフレッシュコース「Fresh Leadership Training」

があり、毎年300人ほどがこのトレーニングに参加しています。

 異なる層ごとにリーダーシップを教えるという考え方は、サッカーから学びました。サッカーには、プロリーグの下に「アンダー16」「アンダー19」などがあり、それぞれの世代からベストな選手を選んで鍛えています。
 また、サッカーで「アンダー××」に選ばれていなくても、フル代表になる人がいるように、LIXILでは大器晩成型も大歓迎です。

 こうすることで全体の底上げが図られ、代表メンバーになる人たちも早く出てきます。当社のリーダー育成プログラムにもこの発想を持ち込み、新入社員からリーダー教育を実施することで、あらゆる層からリーダーを育成することを目指しています。

 当社のリーダーシップ研修は、5カ月から1年以上と長いのが特徴です。
例えばELTのクラスは8カ月の集合研修と約半年のコーチングで構成されていますが、長い期間の研修と1対1のコーチングで、誰が優秀かよくわかります。
そこで優秀だとわかった人には、仕事をさせてリーダーシップを鍛えます。

 当社の研修は、ビジネスと直結しているのです。

経営 X 人事 特集TOPに戻る

 

 

八木洋介

1955年生まれ、京都大学卒業。1980年日本鋼管(NKK、現JFEスチール)に入社。人事などを歴任し、1999年から13年間はGEに勤務。複数のビジネスにおいて日本およびアジアの人事責任者を歴任。2012年4月より現職。著書に金井壽宏氏(神戸大学教授)との共著『戦略人事のビジョン 制度で縛るな、ストーリーを語れ』(光文社)がある。


勝つ組織をつくるための戦略人事塾

NKKやGEで人事の要職を歴任し、現在はLIXILグループで執行役および人事の責任者を担う八木洋介氏が、経営に資する「戦略部門としての人事」とは何かを解説する。

「勝つ組織をつくるための戦略人事塾」

⇒バックナンバー一覧