ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

女子が憤る「彼氏ヅラ男子」の圧倒的な“お前じゃない”感

宮崎智之 [フリーライター]
【第2回】 2015年5月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

悩む女子から被害報告が続々
増殖する「彼氏面(づら)男子」

「彼氏面するな!」「お前じゃないだろ!」――オフィスやプライベートで、「彼氏面男子」に悩まされる女子たちが増えている。女子たちに完全否定される、彼らの言動の特徴とは?
Photo:miya227-Fotolia.com

 世の中は「めんどい人々」だらけだ。平穏な生活をおびやかす「めんどい人々」に、誰もが悩まされている。できればめんどい彼、彼女らと関わりたくはないが、職場やプライベートの付き合いもあるので、そうも言っていられない。「めんどい人々」となんとか上手く共存していく方法はないだろうか。この連載では、読者諸氏のそんな悩みについて考えていく。

 連載第2回で取り上げるのは、「彼氏面(づら)男子」についてである。「彼氏面男子」とは、交際してもいない女性に対して、あたかも自分が彼氏であるかのような妙な振る舞いをする男性のことだ。この「彼氏面男子」のウザさに悩まされている女性は、とても多い。

 筆者の元には、かねてより「彼氏面男子」による被害報告が女性から寄せられていた。気になってさらに取材を進め、SNSでもエピソードを募集したところ、女性からの熱いタレコミが大量に集まってきた。「彼氏面男性」がこんなにもいて、迷惑している女性が多いという現状に驚きを隠せない。

 筆者が女性からのタレコミを分析したところによると、「彼氏面男子」を批判する意見にはいくつかの共通点がある。「クソバイス」「お前じゃない感」「無駄な当事者意識」の3つである。

 今回は、巷で増殖している「彼氏面男子」の特徴を分析し、対処法を考えていきたい。

 最初に指摘しておきたいのが、「彼氏面男子がなぜ面倒くさいのか」ということである。当然、好きでもない男性から彼氏面されると、女性としては不快であることこの上ない。

 しかし、それだけではないのだ。「彼氏面男子」は、特定の女性に対してだけではなく、周りの人間に対しても彼氏面する。「あいつは俺の女だから手を出すな」と、言葉や態度で示すのである。彼氏面されてしまった女性は、「彼氏面男子」に「彼女」として認定されるだけではなく、周囲の人間関係(主に男性間)の「縄張り争い」にも利用される。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

「なぜ、彼と話しているとイライラするのか」「彼女と関わると、なぜかトラブルに巻き込まれるのよね」――。あなたの周囲にも、きっとそんなタイプの人がいるだろう。そう、彼らは「めんどい人々」なのである。なぜ彼らは「めんどい」のか。世代間ギャップや価値観の違いなどその背景には色々な理由があるだろうが、はっきり理由がわからず、悩みは深まるばかりだ。この連載では、職場の上司、部下、同僚、そしてプライベートの友人、恋人まで、あなたを面倒事に巻き込む人々のパターンとうまく付き合って行くための心得を、できるだけわかり易く分析して行こう。「めんどい人々」とうまく付き合うための参考にしてほしい。

「あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル」

⇒バックナンバー一覧