ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
商品市場透視眼鏡

ドル高と高水準の供給継続で
原油の上昇ペースは緩やかに

芥田知至 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部主任研究員]
2015年6月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 OPEC(石油輸出国機構)は6月5日に開催された定例総会において、事前予想の通り、原油生産量の目標を日量3000万バレルに据え置くことを決定した。総会前には、原油の過剰供給が続くとの見方から、原油相場は下落傾向で推移していた。同日には、米国の雇用統計が発表になり、雇用増加数が予想を上回ったことを受けて、ドル高が進行し、ドル建てで取引される原油の価格押し下げ要因となっていた。しかし、OPECが据え置き決定を行った後、原油相場は上昇した。「うわさで売って、事実で買い戻す」動きになった。

 その後、9日の原油相場は大幅に上昇した。この背景には、8日に米エネルギー情報局が発表した“Drilling Productivity Report”において、シェールオイルの減産傾向が示されたことがある。この統計は、米国にある七つのシェール層について、掘削リグ稼働数、原油生産量、天然ガス生産量などを毎月発表している。

 この統計によると、シェールオイルの生産量は、4月の日量569万バレルをピークに、5月は565万バレルにまで減少し、6月(558万バレル)と7月(549万バレル)も減産が続く見通しとなっている。

 生産量が多い三つの地区のうち、パーミアン地区では原油生産量の増加が続く見込みであるものの、バッケン地区とイーグル・フォード地区では減産が続く予想となっている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


商品市場透視眼鏡

農産物・鉱物などの商品投資家のニーズに応えるコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、商品市場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「商品市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧