ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

勘違いの“若さアピール女子”は、どうにも痛々しい

宮崎智之 [フリーライター]
【第4回】 2015年6月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 いつまでも若々しくいたい――。それは人類普遍の願望である。インテージの調査によると、アンチエイジングの市場規模は化粧品だけでも2700億円を超えるそうだ(2011年)。現代の日本は、誰もが“若さ”に投資するアンチエイジング社会だと言うことができる。

過剰な「若さアピール」はめんどくさい…

 一方で、面倒臭い事態も発生している。若さに固執するあまり、勘違いの「若さアピール」をする女性が増えているのだ。

 モデルの菜々緒さんが出演するブランディアのCMでは、「このバッグ、私に若すぎ?」「私って、いくつに見える?」「この前、『大学生ですか?』って聞かれちゃって」などと、やたらと若さアピールをしてくる先輩女性を「めんどくさい女」と揶揄している。

 CMのインパクトもあってか、著者の周りでは「こういう女っているよね」といった声がよく聞かれるようになった。“美魔女”という言葉があるとおり、年齢に不相応な若さを保っている女性もたくさんいる。しかし、ほとんどの場合が勘違いであるにもかかわらず、過剰に若さをアピールしてくる女性に対し、「痛々しい」と感じる人が多いようだ。

 今回は、巷に蔓延る勘違い“若さアピール女子”の面倒くささについて考えていきたい。

<参考>
・ブランディア めんどくさい女A 4月CP
http://brandear.jp/ct/popup/tvcm/mendokusai_a
・ブランディア めんどくさい女B 4月CP
http://brandear.jp/ct/popup/tvcm/mendokusai_b

「このバック、私に若すぎ?」
「うん。若すぎ」とは言えない事情

 若さアピール女子の面倒臭いところは、自分からは「私は若い」と言わないところだ。

 「まさに、ブランディアのCMの通りです。『このバック、私に若すぎ?』『この服装、さすがに若すぎるかな?』としつこく聞いてくる同僚がいます。『さすがに』という言葉を使っている時点で、若さアピールのつもりなんだろうけど、その同僚はどう見ても年相応。何て答えていいかわからず、周りはいつも凍りついていますよ」(40代/女性)

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

「なぜ、彼と話しているとイライラするのか」「彼女と関わると、なぜかトラブルに巻き込まれるのよね」――。あなたの周囲にも、きっとそんなタイプの人がいるだろう。そう、彼らは「めんどい人々」なのである。なぜ彼らは「めんどい」のか。世代間ギャップや価値観の違いなどその背景には色々な理由があるだろうが、はっきり理由がわからず、悩みは深まるばかりだ。この連載では、職場の上司、部下、同僚、そしてプライベートの友人、恋人まで、あなたを面倒事に巻き込む人々のパターンとうまく付き合って行くための心得を、できるだけわかり易く分析して行こう。「めんどい人々」とうまく付き合うための参考にしてほしい。

「あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル」

⇒バックナンバー一覧