ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
カラダの悩み全解消!byダイヤモンドQ

専門家が語る抗がん剤治療の今
がん研有明病院の高橋俊二化学療法部部長に聞く

ダイヤモンドQ編集部
【第12回】 2015年7月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「吐き気」「抜け毛」といった副作用のイメージが強い抗がん剤治療。最近は副作用を抑えながら、がん細胞だけを狙い撃ちする「分子標的薬」が注目されている。がんの薬物治療はどこまで進化しているのか――。『ダイヤモンドQ』編集部では、専門家であるがん研有明病院の高橋俊二化学療法部部長に聞いてみた。

予防薬の向上で
副作用が軽減できる薬も

――抗がん剤治療は副作用がつらいという印象が強いです。

撮影:倉部和彦

 副作用は薬によってさまざまだが、予防薬の向上でかなり改善している。昨年9月に承認された「ジーラスタ(一般名・ペグフィルグラスチム)」は、白血球減少予防を持続できる。抗がん剤の種類に合わせて制吐剤を併用することで、吐き気も7~8割の確率で制御可能だ。

――近年、抗がん剤の中でも、がんを狙い撃ちする分子標的薬や抗体薬などが副作用も少なく、効き目が高い薬として注目されています。

 分子標的薬は主にがん細胞の増殖を防ぐのが狙い。最近注目されており、がん細胞を増殖させる「ドライバー遺伝子」の抑制と免疫力の強化(免疫療法)が特徴だ。

 慢性骨髄性白血病などに使う「グリベック(同イマチニブ)」、切除できない肺がんなどに使う「ザーコリ(同クリゾチニブ)」は、ドライバー遺伝子をピンポイントでたたくので、劇的に症状が改善し、比較的副作用も軽減できる。ただ、なかなか治るところまではいかない。

 分子標的薬の中でも抗体薬は、ドライバー遺伝子を抑えるとともに、免疫反応でがん細胞をたたくことも期待されており、再発防止効果もある。乳がんに使う「ハーセプチン(同トラスツズマブ)」は、再発を減らせることがデータで証明されている。最近は「免疫チェックポイント」(免疫力の抑制)を阻害する抗体薬が注目されており、現在、広範ながん種に対し、さまざまな抗体薬が開発されている。

 抗体薬「オプジーボ(同ニボルマブ)」は、国内では悪性黒色腫(皮膚がんの一種)に限定されているが、最近米国では肺扁平上皮がん(肺がんの一種)の治療にも承認された。このため国内でも同様に使えるよう厚生労働省で検討中だ。

1
nextpage

「カラダの悩みを全解消」したいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。老人ホーム選び、病院選びから、資産運用、保育園選びまで、重大な決断を骨太の記事やランキングで手助けします。

2015年7月号 好評発売中(税込780円)

ダイヤモンドQ2015年7月号

第1特集「カラダの悩み全解消!!」
ED・薄毛からがんまで、最新の薬や治療法を総ざらい

第2特集「50才からの「英語」再入門」
英語ができれば、海外旅行やボランティアを楽しめる

新企画 劇場に行って「エンタメ」を楽しもう
ライブエンターテイメントの楽しみ方を紹介

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ダイヤモンドQ編集部

あなたのQuestionにズバっと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。保育園選び、学校選び、病院選び、老人ホーム選びなど、人は人生の節目で重要な決断をしなければなりません。ダイヤモンドQは、ランキングやエッジの聞いた骨太の記事であなたの「知りたい」に答えていきます。詳しくはホームページ[http://www.diamond.jp/gr/q]をご覧ください。


カラダの悩み全解消!byダイヤモンドQ

年をとると、いろいろとカラダの不調が出てくるものである。こうしたカラダのお悩み解消法について、本特集では、さまざまな薬や治療法を総ざらいして整理してみた。

「カラダの悩み全解消!byダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧