ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則
【第2回】 2015年7月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
大山旬 [パーソナルスタイリスト]

大人には「センス」より
大切なものがある

1
nextpage

パーソナルスタイリストとして1000人以上の人生を変えてきた大山旬氏。その初の著作『できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則』から、本文の一部をご紹介する連載の第2回です。
ファッションが苦手な人には2つのタイプが存在するそうです。では、それぞれのタイプはどのようにして問題解決をすればいいのでしょうか?

ファッションが苦手な人は
2種類いる

 最初に結論からお伝えします。洋服の着こなしに最も必要なのはセンスではなく、技術です。その技術さえ知っていれば、周りから「センスがいい」と思われるファッションが実現できます。しかし基本を身につけるためには、今の自分の服装を見直し、今まで洋服に抱いていた誤解を改め、まっさらな気持ちで学んでいくことが大切です。

 私が日々仕事で、さまざまなお客さまをコーディネートする中で気づいたことがあります。着こなしが苦手な方には次の2つのタイプが存在するということです。

【無頓着型】
 まずは「無頓着型」の方です。このタイプの方はあまり自分の服装に興味がなく、学生時代からほとんど服装が変わっていないという特徴があります。服を選ぶ基準は「安さ」「着やすさ」「機能性」の3点。このようなポイントを重視して洋服を買っている方は注意が必要です。

 無頓着型の人は、ヨレヨレの服を何年も着続けたり、デザイン的にも古臭さを感じるようなものをずっと着続けますので、周囲からの印象は「くたびれた雰囲気」になりがちです。大人のファッションに求められる「清潔感」とは正反対になりますので、決して印象がよいとは言えません。

 ただし、そういったタイプの方は服装に対してあまりこだわりがないため、いざ本腰を入れて改善に取り組むと、比較的スムーズに問題解決することができます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
チームの生産性をあげる。

チームの生産性をあげる。

沢渡あまね 著

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
どんな職場でも働き方は変えられる!人気の業務改善士が教える、仕事の進め方を変えて、アウトプットを最大化する8ステップ。日本マイクロソフト、ヤフー、日本旅行、ナムコ、NTTデータ、大阪王将、ジヤトコ…他、企業事例多数!「働き方改革」実践書の決定版!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/2~7/8)



大山旬 [パーソナルスタイリスト]

おおやま・しゅん。パーソナルスタイリスト。
アパレル勤務、転職アドバイザーを経て独立。「自信を高めるファッション」をモットーに、社会人向けのファッションコーディネートサービスを提供している。経営者、会社員、公務員、主婦、セカンドキャリア層から有名人まで、顧客は多岐に渡り、仕事でのイメージアップから婚活まで、さまざまな目的にあわせて、1000名以上のスタイリングを手がけてきた。
自身も164㎝という低身長のコンプレックスをファッションに助けてもらった経験から、さまざまな体型の悩みの解決にも取り組んでいる。「はなまるマーケット」「おはよう日本」「週刊SPA!」「日経トレンディ」などの、メディアへの出演も多数。


できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則

服選びに自信がなく「服なんてどうでもいい」と思っていませんか?
しかし、服はあなたの印象を確実に左右する重要な存在です。大切なことは、「最低限の知識」と「少数の基本アイテム」さえあれば、誰でも「シンプルで清潔感のある80点の着こなし」ができるということです。必要なのはセンスではなく「技術」なのです。「普通の人のスタイリスト」として1000人以上の人生を変えてきた著者が、そのノウハウを大公開します!

「できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則」

⇒バックナンバー一覧