ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則
【第3回】 2015年7月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
大山旬 [パーソナルスタイリスト]

大人のふつうのファッションに
必要な4つのポイント

1
nextpage

大人のファッションは「ふつう」が一番大切だ、と主張するパーソナルスタイリストの大山旬氏。氏の初の著作『できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則』から、本文の一部をご紹介する連載の第3回です。
大山氏の主張する「大人のふつうのファッション」とはどのようなものでしょうか?

服選びは
ふつうが一番

大山旬(おおやま・しゅん)
パーソナルスタイリスト。アパレル勤務、転職アドバイザーを経て独立。「自信を高めるファッション」をモットーに、社会人向けのファッションコーディネートサービスを提供している。経営者、会社員、公務員、主婦、セカンドキャリア層から有名人まで、顧客は多岐に渡り、仕事でのイメージアップから婚活まで、さまざまな目的にあわせて、1000名以上のスタイリングを手がけてきた。自身も164cmという低身長のコンプレックスをファッションに助けてもらった経験から、さまざまな体型の悩みの解決にも取り組んでいる。「はなまるマーケット」「おはよう日本」「週刊SPA!」「日経トレンディ」などの、メディアへの出演も多数。2015年6月に初の著書となる『できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則』を刊行した。

 服選びが苦手なあなたは今何を着ればいいのか。「シンプルなトップス」と「シンプルなボトムス」、そして「長く使える上質な小物」それだけです。え、それだけ? と思われるかもしれません。でも大人のファッションは実は「ふつう」が一番大切です。「ファッション」と聞くと、どうしても華やかなものを想像してしまいがちですが、本当に必要なアイテムというのは華やかさとは対極にある、ごくごくふつうの服なのです。

 私にコーディネートを依頼してくださる方々に「理想のファッションとはどのようなものですか?」と質問をすると、男女問わずこのような言葉が返ってきます。「あまり背伸びをしていない」「気恥ずかしくない」「なんとなくこなれて見える」。これらすべてに共通するのが「ふつうである」ということです。

 もしあなたが服選びに悩まれているのであれば、ものすごくおしゃれになりたいというわけではなく、少しでも相手に好印象を持ってもらえるような服装を求めているのではないでしょうか。もしそうであれば、自分らしさを求めたり、個性を表現しようとする前に、まずは平凡なくらいの「ふつう」を目指してみてください。

 実はおしゃれすぎることでかえって引かれてしまうことも少なくありません。誰もがファッション誌に載るモデルのような服装に、憧れを抱いているわけではないのです。お金をかけすぎず、無理をしない「ふつうの服装」でも、十分に好感を持ってもらうことが可能です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



大山旬 [パーソナルスタイリスト]

おおやま・しゅん。パーソナルスタイリスト。
アパレル勤務、転職アドバイザーを経て独立。「自信を高めるファッション」をモットーに、社会人向けのファッションコーディネートサービスを提供している。経営者、会社員、公務員、主婦、セカンドキャリア層から有名人まで、顧客は多岐に渡り、仕事でのイメージアップから婚活まで、さまざまな目的にあわせて、1000名以上のスタイリングを手がけてきた。
自身も164㎝という低身長のコンプレックスをファッションに助けてもらった経験から、さまざまな体型の悩みの解決にも取り組んでいる。「はなまるマーケット」「おはよう日本」「週刊SPA!」「日経トレンディ」などの、メディアへの出演も多数。


できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則

服選びに自信がなく「服なんてどうでもいい」と思っていませんか?
しかし、服はあなたの印象を確実に左右する重要な存在です。大切なことは、「最低限の知識」と「少数の基本アイテム」さえあれば、誰でも「シンプルで清潔感のある80点の着こなし」ができるということです。必要なのはセンスではなく「技術」なのです。「普通の人のスタイリスト」として1000人以上の人生を変えてきた著者が、そのノウハウを大公開します!

「できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則」

⇒バックナンバー一覧