ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

有機ELテレビがついに登場
3ミリの薄さ以上に、画質が凄い!

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第9回】 2007年12月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 僕は、IT関係の記事を20年近く書き続けてきた。すぐにでも製品化されそうだが、いつまでたっても店頭に並ばない製品が数多く記憶に残っている。「もしかすると、もう製品が出てこないのではないだろうか」と、興味さえ冷めつつあったのが、燃料電池と有機EL液晶のテレビだ。どちらも、技術が発表されてから、延々と開発が続いていて、製品は、いくら待っても出てこなかった。

 そんなイメージがあるから、ソニーが昨年の各種展示会で有機EL液晶テレビの発売をアナウンスしたときには、狐につままれたような気がした。

 12月に入って大手家電ショップに出かけると、XEL-1が店頭に並んでいた。ついに、有機EL液晶を採用したテレビが市販されたのである。僕にとっては、まるで夢のようなできごとだ。もちろん、ソニーの開発者も同様であろう。

驚異的な薄さより、価値は画質にある

ソニーの有機ELテレビ「XEL-1」

ソニーの有機ELテレビ「XEL-1」
電流を流すと自発光する有機物質(organic material)をパネルに採用。11V型の3mm超薄型ディスプレイ搭載。標準価格20万円

 展示会で話題になったのが、まず、その薄さだ。

 XEL-1の最薄部は、驚異の3ミリ。「下敷きのよう」とまでいっては大げさだが、これまでのテレビと比べると驚異的な薄さであることは間違いない。

 だが実は、従来の液晶でも薄い製品はすでに登場していた。

 たとえば、ソニー製のモバイルパソコン「VAIO type T」のLEDバックライト液晶は約4.7ミリだ。3ミリなら確かに薄い。だが、11V型というサイズを考えるなら、大騒ぎするほどの薄さではないのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧